人事をやさしく学ぶメディア

HR大学

人事評価

【人材管理:人的資源管理(HRM)編】なぜ必要か?目的・課題・事例を紹介

人的資源管理(HRM)について解説

【人材管理:人的資源管理(HRM)編】なぜ必要か?目的・課題・事例を紹介

目次

    経営資源である「ヒト」は、組織成長の為に最も基礎的な部分です。

    人手不足や働き方改革などの影響もあり「ヒト・モノ・カネ」の中でも「ヒト」が最も重要だと考える方も多いでしょう。

    中でも経営資源である「ヒト」を管理・最適化で経営戦略の実現を目指す「人的資源管理(HRM)」への注目度が年々高まりを見せています。

    今回は人的資源管理(HRM)の基本的な意味・目的・事例と一緒に、人事がやるべき課題や対策を解説します。

    人的資源管理(HRM)とは?

    人的資源管理(HRM)の基礎知識

    人的資源管理の定義や、タレントマネジメント・人事労務管理との違いについて確認しましょう。

    人的資源管理(HRM)の定義

    人事労務管理は、PM(Personal Management)と略され、ヒトに関連するマネジメント活動全てを指します。「人的資源管理」の名称は、1990年代半ば頃から台頭したと言われます。

    人的資源管理の一例は以下の通りです。

    ・採用活動 ・人事評価 ・配置転換 ・人事異動

    上記のように、「ヒト」に関連した制度設計・運用、活用を目的とした人事管理業務が挙げられます。管理対象である「ヒト」は、感情を持った生身の人間であるため、モノ・カネ・情報とは異なり絶対的な管理法がないのが特徴です。

    タレントマネジメントとの違い

    人的資源管理とよく混在される言葉として、「タレントマネジメント」があります。タレントマネジメントとは、アメリカのコンサルティング会社・マッキンゼー社が「War for talent」(人材育成戦争)を提唱し広がったと言われます。2011年頃には日本でも注目が高まり、日産自動車やGE(ゼネラル・エレクトリック)など様々な企業が取り組んでいます。

    タレントマネジメントと人材資源管理は、従業員の能力や経験を一元的に管理し、経営戦略の実現を目指した人事戦略である点は同じですが、タレントマネジメントは特に優秀な従業員が持つタレント(能力・才能)や知識・経験を対象とするケースが多い傾向です。

    さらにタレントマネジメントの目的・事例について詳しく知りたい方は「 事例から学ぶ「タレントマネジメント」導入法・人材育成のためのスキル管理」をご確認ください。

    人事労務管理との違い

    人事労務管理は、PM(Personal Management)と略され、組織の経営戦略実現のために行う管理活動を指します。組織のために管理活動(採用・人事管理・人材配置など)を行う点は人的資源管理と同じですが、独立行政法人労働政策研究・研修機構の山崎憲氏によると両者の違いについて以下のように述べています。

    “人事労務管理が集団としての労働者を重視するのに対して、人的資源管理が個人としての労働者を重視する“(※参考)独立行政法人労働政策研究・研修機構・山崎憲氏「 人事労務管理と人的資源管理におけるinternalとexternal ―日本的経営とジョブ型を超えて―」より

    人事労務管理は、従業員を集団として企業の利益最大化を目的に主眼を置いた管理活動であるのに対し、人的資源管理は従業員を貴重な経営資源とし育成を目的とした管理活動である点で異なると言われています。

    人的資源管理の目的

    人的資源管理の目的

    人的資源管理の目的と役割を、人的資源・経営戦略の2つの目線から解説します。

    人材育成の促進 

    人的資源管理は、従業員の育成・キャリア実現に繋がります。従業員1人1人が持っている知識や経験・ノウハウを貴重な人的資源として主軸を置きつつ、キャリアプランの設定や希望する働き方の実現により、ミスマッチや離職防止・エンゲージメントを向上させる効果があります。

    例えば、従業員の「どんな能力を高めたいか」「何の経験を積みたいか」などヒアリング(1on1ミーティング)を行うことで、組織とのマッチング性が高まり長期的な育成計画を設計・運用できます。

    従業員とのヒアリング(1on1ミーティング)を効率的に進める方法についてさらに詳しく学びたい方のために「 1on1ミーティング入門書」をご用意しているのでぜひご活用ください。

    また、育児・介護などによって、従来の働き方が難しいと感じる従業員に対して、「時短勤務・フレックスタイム制・リモートワーク」など希望に応じた働き方や労使関係を整備・提案する事で、退職による人的資源の喪失をカバーし、キャリアを守る事に繋がるでしょう。

    人的資源管理は、従業員が持つ資源・背景を適切に管理・理解する事で、組織とのマッチング性・エンゲージメントが高まるため、従業員の「資源」を最大限発揮できる社内環境の実現に繋がります。

    組織戦略の実現

    組織が目指すべき目標や戦略の実現・プロセスに、人材の存在は必要不可欠です。なぜならヒト以外の経営資源「モノ・カネ・情報」を見ても、全て「ヒト」により活用・管理されはじめて効果を発揮するのです。

    組織戦略の実現のために、企業文化・ビジョン・市場情勢など重要なポイントが複合的に絡み合っていますが、どんなに優れたモノ・情報・膨大なカネであっても、人材の活用・活躍がなければ無用の長物となるでしょう。「ヒト」を組織における根本的な経営資源だと認識し、最重要課題として取り扱う事で、組織戦略の実現が可能になります。

    人的資源管理の課題・問題点

    人的資源管理の課題・問題点

    人的資源管理の課題と問題点を、1980年代に登場した「ハーバード」「ミシガン」の2つのモデルの特徴と一緒に解説します。

    人的資源管理の意味や課題・問題点を理解するために押さえておきましょう。ハーバードモデルとは、企業と人材の協調的な関係性を主軸に、組織全体の成長を目指した人的資源管理法です。一方、ミシガンモデルとは、企業の目標達成を主軸に、人材をどう活用するのかを重視し制度設計・活用を行う方法です。

    因果関係の複雑化

    人的資源管理は、業績が良い・悪いの要因が分かりにくい課題が挙げられます。組織と人材の因果関係が複雑であり、要因を明確に判断するのは難しいためです。とくにミシガンモデルでは、企業の目標達成を最優先に掲げて人材管理を行うため、業績が上がれば人的資源の価値も連動し高くなります。

    そうなると人材個人に合った能力開発や希望の反映・適切な評価が難しくなるという問題点も考えられるでしょう。

    制度と人的資源の最適化

    人的資源管理は、組織と人材の協調的な関係構築が難しい点が挙げられます。とくにハーバードモデルでは、組織と人材の協調的な関係を目指していますが、組織側が上位の立場になると従業員側は意見を言いにくくなり、不満があっても伝えられない状態になる可能性があります。

    さらに組織側が協調的な関係性だと誤認してしまい、従業員の労働環境が脅かされるリスクがあるため、制度と人的資源の最適化が課題だと言えるでしょう。

    人的資源管理の事例

    人的資源管理の事例

    人的資源管理はどのように実践・導入されているのか、国内企業とグローバルの両方の事例をもとに解説します。

    日産自動車 

    国内大手の自動車メーカー「日産自動車」

    「自らのキャリアは、自らデザインする」という人財育成の方針・考え方のもと、従業員の育成・開発に意欲的に取り組んでいる企業の一つです。中でも2011年当時の社長カルロス・ゴーンが優秀人材の育成・発掘を目的にタレントマネジメントを導入しました。

    20・30代の若手層から将来の経営トップを担う人材になるために上司やキャリアコーチが育成プランを作成し、能力開発をサポートするなど人的資源管理を積極的に推進しています。

    サムスン電子

    韓国大手のエレクトロニクスメーカー「サムスン電子」

    「人材第一」という経営哲学のもと、人材の獲得・育成に力を入れ成長した企業です。1990年代からグローバル人材の育成・能力開発の構築のため「マネジメント人材育成制度」を実施しました。次世代のグローバル人材・リーダー育成を目的に、2年間の成均館大学・マサチューセッツ工科大学で研修を実施するなど、経営・技術への惜しみないグローバル育成を行うなど人的資源管理に意欲的に取り組んでいます。

    人的資源管理に関する本

    人的資源管理に関する本

    人的資源管理への理解をさらに深めるために、おすすめの書籍2冊を紹介します。

    経験から学ぶ人的資源管理 新版

    人的資源管理を学ぶのにオススメの本「 経験から学ぶ人的資源管理 新版

    人的資源管理や人事マネジメントに関する本は多数ありますが、この本は最新の法律や時代背景に沿った内容となっています。人事戦略の視点で実践的に分かりやすく解説されているため、人事マネジメントを初心から現場実践レベルまで学びたい人にオススメです。

    人的資源管理(ベーシック)

    人的資源管理を事例と一緒に学べるオススメの本「 人的資源管理(ベーシック)

    制度・育成・雇用・評価など「組織」に主軸を置いた人材マネジメントや、グローバル化への対応方法について分かりやすく解説されています。規模が大きい組織やグローバル化にどう対応したら良いのか悩む方、人材マネジメントの視点で組織の問題解決に導く方法を学びたい方にオススメです。

    人材管理・タレントマネジメント・人的資源管理をカンタン・シンプルに

    人的資源管理は、従業員・組織の成長へと繋がる人事管理業務の一つです。従業員が持っている「資源」を最大限引き出し、労働生産性・モチベーションの向上、さらには組織戦略の実現に繋がるでしょう。

    そのためには、従業員データの把握・評価制度の適切な管理・活用が必要不可欠です。HRBrainは従業員データをはじめ人事管理・評価制度を活用し、組織の確かな成長につなげる人事評価クラウドです。

    HRBrainは、従業員の目標設定から評価までのオペレーションの全てをクラウド上のソフトウエアで効率化するサービスです。MBOやOKR、1on1などの最新のマネジメント手法をカンタン・シンプルに運用することができます。

    「従業員が持つ能力・スキルを最大限発揮し、高いパフォーマンスを挙げてほしい」

    「従業員のデータを効率的に管理し、能力開発・育成に繋げたい」

    「人事管理業務での無駄な手間暇をなくし、ほかの人事施策へと時間を割きたい!」

    このような悩みをHRBrainで解決できます!

    無料トライアル実施中!ぜひお試しください!

    HR大学 編集部

    HR大学は、人事評価クラウドのHRBrainが運営する、人事評価や目標管理などの情報をお伝えするメディアです。難しく感じられがちな人事を「やさしく学べる」メディアを目指します。

      開催予定のオンラインセミナー

        おすすめ記事