人事をやさしく学ぶメディア

HR大学

人事評価

【人材管理:完全版】人事が押さえておきたいマネジメントとは?システム導入まで

人事とマネジメント

【人材管理:完全版】人事が押さえておきたいマネジメントとは?システム導入まで

目次

    人事部は、経営資源の「ヒト」である社員スタッフの採用・教育・目標管理・労務などを管理し、企業成長を促す重要なセクションです。

    人材によって経営戦略がダイレクトに左右されるため企業の命運が左右されると言っても過言ではありません。

    今回は、人事だからこそ押さえておきたい人材管理・マネジメント、人事管理システム導入や人事にオススメの本など各項目別に解説します。

    ぜひ参考にしてください。

    企業人事における人材管理/マネジメントとは?

    人材管理/マネジメントの基礎知識

    企業人事において、「人材管理」の意味を確認しましょう。

    人材管理とは、企業が目指すビジョン・経営戦略を実現のため経営資源の「ヒト・モノ・カネ・情報」の4つの中の「ヒト」を管理・活用する取り組みです。

    ちなみに人材管理を英語に直訳すると、Human resource managementと言いHRMと略語で呼ぶケースもあります。(HRMの詳細は、「人的資源管理」を参照ください。)

    マネジメントの考え方として、人材管理と同じ「管理」の意味があるため、本記事では「人材管理≒マネジメント」と位置付けて解説します。

    人材管理に必要な取り組み

    人材管理は「ヒト」を管理・活用し、経営戦略・企業成長に必要不可欠です。

    しかし、人材管理をどのように行えば良いのでしょうか?

    人材管理として代表的な取り組みを各項目別に解説します。

    人材管理に必要な取り組み

    人材管理に必要な取り組み

    人材育成、タレントマネジメント

    人材育成とは、社員スタッフのスキル・能力を向上させ、企業成長につなげる手法を指します。

    また、社員スタッフが持つタレント(能力・才能)を活用・管理する同意義で「タレントマネジメント」と呼ばれます。タレントマネジメントの詳細はこちらの記事を参照してください。

    人員配置(人員管理)

    人員配置とは、社員スタッフの適性やスキルに応じて適材適所に配置し業務の効率化を図る手法です。同意義で「人員管理」と呼ばれます。

    人材/人員配置(人員管理)の詳細はこちらの記事を参照してください。

    人的資源管理(HRM)

    人的資源管理(HRM)とは、英語に直訳すると、「Human resource management」で社員スタッフが持っている資源(スキル・能力)を活用できるよう制度設計・運用をすることを指します。

    人的資源管理(HRM)の詳細はこちらの記事を参照してください。

    人材評価(人事評価)

    決められた期間内における社員スタッフの業績・姿勢・行動を適正に評価することです。評価によって給与査定に影響します。人材/人事評価についてこちらの記事を参照してください。

    【人材管理:人材評価編】

    報酬管理

    社員スタッフに支払われる報酬(給料・ボーナス・諸手当・福利厚生)
    などを管理する業務です。

    業務内容・責任・雇用形態・評価など、幅広い項目で決定し、社員スタッフの公平な給与支給・モチベーションの向上に繋がります。

    報酬管理の詳細はこちらの記事を参照してください。

    福利厚生

    福利厚生とは、企業が給与や賞与以外で社員スタッフに報酬・サービスを提供する総称です。

    福利厚生には「法定福利厚生」「法定外福利厚生」の2種類あります。

    「法定福利厚生」とは、社会保障の観点で導入が義務付けられる制度です。「法定外福利厚生」とは、各企業の任意で自由に実施できる制度です。

    福利厚生の詳細はこちらの記事を参照してください。

    【導入事例】企業における取り組みとは

    企業における取り組み

    ここからは具体的に企業・部会・看護業界における人材管理の事例を一緒に解説します。

    企業における事例

    人材管理の事例として、日産自動車のタレントマネジメントが成功事例として有名です。

    日産自動車は、次世代のリーダー育成に「グローバルタレントマネジメント
    」を実施しました。

    ”日産は、カルロス・ゴーン氏が社長に就任してから人材マネジメントに力を注いでいて、2011年には「グローバルタレントマネジメント部」という部署を創設しています。そこでは、ビジネスリーダーの発掘・育成を目的としていて、社内で優秀な人材を発掘するスカウトのような役割を担う「キャリアコーチ」と呼ばれる人物が、各部署の上司からのレポートを元にビジネスリーダーの候補となる人材を探し出して、経営トップ層による委員会に提案します。

    そこで評価されてビジネスリーダー候補に認められると、ハイポテンシャルパーソン(HPP)として登録され、キャリアコーチ、上司が個人ごとの育成プランを作り、さまざまなポストを経験しながら人材の成長を進めていくのです。こうしたHPPは当初40代が中心でしたが、最近では20代、30代にまで拡大していき、若い段階から企業のトップ層を担える優秀な人材の発掘・育成に力を入れています。”(引用元: ITmediaビジネス「タレントマネジメントを実践する企業の実情」)

    日産自動車の人材育成成功の影には、タレントマネジメントの成果が大きいと言えるでしょう。

    また、具体的にどのようにタレントマネジメントを導入すれば良いのか、詳細はこちらの記事を参照してください。

    部会における事例

    部署・チームなどの、各部署毎で行われるマネジメント手法として「1on1ミーティング」が注目を集めています。

    1on1ミーティングとは、上司と部下が1対1でミーティングを実施し、部下の主体性や育成を測る目的があります。

    1on1ミーティングの有名な事例に、ヤフー株式会社が挙げられます。ヤフーは、「社員の才能と情熱を解き放つ」を人材育成のコンセプトに1on1ミーティングを取り入れました。週1回以上・約30分のミーティングを行い、部下の自主性・能力を最大化する狙いがあります。社員スタッフの内9割が1on1ミーティングを実施しています。

    1on1ミーティングの実施方法・成功ポイントについて、こちらの記事を参照してください。

    看護における事例

    看護業界にも「ナレッジマネジメント」が浸透しつつあります。

    ナレッジマネジメントとは、情報をデータベース管理し、組織全体で共有するマネジメント手法です。

    病院・クリニックでは、患者様との看護状況や感じた事をデータ化・共有し、暗黙知を言語化する役割があります。良質な看護の提供・スキル向上・人材育成に期待ができるでしょう。

    【実践】人材管理で押さえたい手法ノウハウ

    人材管理で押さえたい手法

    人事部なら押さえておきたい人材管理の手法・ノウハウを簡単に解説します。

    人材管理方法・手法

    人材管理の手順として、まず課題と現状の明確化。不足分を関連部署と連携し、人事計画を立てる事が重要です。Excelやスプレッドシートを使用し、人材管理を行うケースもありますが、同時編集ができない・通信障害が発生するリスクがある等、管理業務として多くの課題が考えられます。人材管理にシステムを導入すると良いでしょう。

    タレントマネジメント

    タレントマネジメントとは、社員スタッフのスキル・経験・特性を活かした人員配置・育成などを行う一連のプロセスを指します。

    人材管理の実践や事例の詳細についてはこちらの記事を参照してください

    【おすすめ】人材管理のためのクラウド・システム・ツール

    人材管理のためのクラウド・システム・ツール

    人材管理を行う際、どのようなクラウド・システム・ツールがあるのか、一例を紹介します。

    クラウドサービス

    国内初の組織改善クラウドサービス 「モチベーションクラウド」

    組織内の課題改善を目的のため、142万人のデータべースもとに組織状態を診断し数値で自社の状況を判断できるのが特徴です。

    システムツール

    人事評価から人材データを活用する HRBrain

    目標・評価のプロセスを自動的に「見える化」できる点・簡単シンプルな操作性の良さが特徴です。

    専任のカスタマーサクセスチームがお客様の成長を徹底サポートするため、人事管理業務の初心者から管理職まで安心して利用できるシステムです。

    また、1週間無料ですべての機能がお試しできます。

    おすすめの人材管理クラウドシステム・ツールの詳細や、その他のクラウド
    ・システムツールについてはこちらの記事を参照してください。

    【学び】人材管理を学ぶためのおすすめの本や概念

    人材管理を学ぶための本や概念

    人材管理をより深く理解するために、知っておきたい
    概念とオススメの本を紹介します。

    人材マネジメントポリシー

    人材マネジメントポリシーとは、人材マネジメントを行う際の考え方・指標となる原理原則を指します。マネジメントの知識を深めるために、資格の勉強をするのも良いでしょう。

    以下がマネジメントに関する資格の一例です。

    ・ビジネスマネージャー検定

    ・PMP(Project Management Professional)

    ・PMC(プロジェクトマネジメント・コーディネータ)

    マネジメントの資格・詳細はこちらの記事を参照してください。

    マネジメントにオススメの本

    「マネジメントの父」と呼ばれるドラッカーの本「 マネジメント(エッセンシャル版)」マネジメントの基本的な理論を学べます。マネジメントを実践する方は、ぜひ手元に置いておきたい一冊です。

    人材管理を学ぶための本や概念について、さらに詳しく知りたい方はこちらの記事を参照してください。

    人材管理・マネジメントを一元化するために

    企業が目指すビジョン・経営戦略を実現するために不可欠な人材管理・タレントマネジメントを、クラウド人材管理システム「HRBrain」ではカンタン・シンプルに一元化することが可能です。

    また、人材管理のほかにも人事評価、目標管理などの様々な重要業務を効率的に活性化させ、組織を成長に導くことができます。

    「人材管理・タレントマネジメントを行って組織を成長させたい」

    「人事業務を効率化したい」

    「人事評価の納得感を高めたい」

    このような悩みをHRBrainで解決できます!

    無料トライアル実施中!ぜひお試しください !

    HR大学 編集部

    HR大学は、人事評価クラウドのHRBrainが運営する、人事評価や目標管理などの情報をお伝えするメディアです。難しく感じられがちな人事を「やさしく学べる」メディアを目指します。

      開催予定のオンラインセミナー

        おすすめ記事