人事をやさしく学ぶメディア

HR大学

人材育成

マネジメント分野でのおすすめ資格を分野別に紹介

hrbrain management certification ogp

マネジメント分野でのおすすめ資格を分野別に紹介

目次

    マネジメント分野において、資格は必ずしも必要なものではありませんが、取得することで知識を学ぶことができますし、客観的に能力を示すことができるのもメリットです。

    マネジメントに関する資格の必要性

    マネジメントに関する資格には多種多様なものがありますが、必ず取らなければいけない資格はありません。それでも毎年、数多くの人が資格取得にチャレンジしています。

    資格取得のメリットとは

    試験勉強で学んだ知識やスキルがそのまま実務に使えるのが大きなメリットでしょう。マネジメントスキルは職種を問わないため、資格を持っていることでキャリアアップにもつながります。

    マネジメントに関するおすすめの資格

    hrbrain management certification 1

    管理職やプロジェクトリーダーの、知識やスキル向上に役立つ資格がおすすめです。

    ビジネスマネジャー検定試験

    管理職の土台として必要な知識を効率よく学ぶことができる公的資格が『ビジネスマネジャー検定試験』です。年に2回、東京商工会議所が実施する検定試験で、合格するとビジネスマネジャーの称号を得ることができます。

    管理職は経営的な視点や戦略的な行動、チーム運営や人材育成など、数々の重要な役割を果たさなくてはなりません。

    ビジネスマネジャー検定試験は、管理職に必要な『人と組織のマネジメント』『業務のマネジメント』『リスクのマネジメント』の3本の柱を、資格の学習を通じて身に付けることができます。

    PMP

    PMP(Project Management Professional)は、米国の非営利団体PMIが主催するプロジェクトマネジメント資格です。

    どんな職種にもさまざまなプロジェクトがあります。そのプロジェクトを管理・運営するプロジェクトマネジメントスキルは汎用性が高く、非常に重宝される能力です。

    受験するには実務経験(大卒4500時間以上・高卒7500時間以上)とプロジェクトマネジメント経験(大卒36カ月間・高卒60カ月間)、さらに35時間の公式講習を受ける必要があります。

    非常に高い専門性を求められる資格ですが、プロジェクトマネジメントスキルの国際資格として広く認知されている資格でもあります。

    PMC

    「PMC(プロジェクトマネジメント・コーディネータ)」は特定非営利活動法人日本プロジェクトマネジメント協会による認定資格です。

    同協会では経営課題を解決するプログラムマネジメント、およびプロジェクトマネジメントについて、標準ガイドブックという形で体系的にまとめており、このガイドブックを土台としたプロジェクトマネジメントに関する知識やスキルを、客観的に示すことができる資格として『PMC』が用意されています。

    PMCにはPMSやPMRといった上位資格も存在しており、そちらも取得することによりスキルアップ・キャリアアップを目指すのもよいでしょう。

    その他、マネジメントにおすすめの資格

    マネジメントに直接関係ないように見える資格でも、経営や管理部門において役立つ資格は多くあります。

    社会保険労務士

    社会保険労務士(社労士)は、企業における人材のエキスパートです。労働法や社会保険に関する業務をメインに扱うほか、人事に関する相談や指導といったコンサルティング業務を行うことができます。

    一般的には専門家となるために必要な資格ですが、企業のHR部門などでも活躍することができます。国家資格のため難易度はかなり高く、2018(平成30)年度の合格率は6.3%でした。受験資格も細かく定められています。

    経営学検定(マネジメント検定)

    経営学検定(マネジメント検定)は、経営に関する知識とスキルを認定する検定試験です。

    初級・中級・上級の全3級からなり、例えば若手社員であれば経営学の基礎知識が問われる初級、経営者や幹部クラスであればビジネス戦略の策定が求められる上級といったように、受験者のレベルに応じて試験を受けることができます。

    どの級も合格率が40~60%と高めなので、比較的取りやすい資格と言えるでしょう。

    メンタルヘルス・マネジメント検定試験

    メンタルヘルス・マネジメント検定試験は、企業で働く人の心の健康に着目し、メンタルケアに関する知識やスキルを習得することを目的とした試験です。

    労働者のメンタル不調については、近年大きな社会問題にもなっているため、社員が安心して働くことができる環境づくりに役立つのではないでしょうか。

    公認モチベーション・マネジャー

    公認モチベーション・マネジャーは、一般社団法人モチベーション・マネジメント協会による認定資格です。

    Basic資格とAdvanced資格の2種類があり、Basicは自己のモチベーションアップの理論、Advancedは部下や組織のモチベーションアップにつながる理論やスキルを学ぶことができます。

    自身に合った資格の取得を目指そう

    hrbrain management certification 3

    マネジメントに必要な資格というものはありませんが、資格は取得する過程で知識やスキルを効率よく学ぶことができ、客観的に能力を示すことができます。

    自分や組織にとってどのような知識・スキルが必要か見極め、それに合わせた資格を取得しましょう。

    人事評価・目標管理をカンタン・シンプルに

    HRBrainは目標と評価を確かな成長につなげる人事評価クラウドです。

    HRBrainは、従業員の目標設定から評価までのオペレーションの全てをクラウド上のソフトウエアで効率化するサービスです。MBOやOKR、1on1などの最新のマネジメント手法をカンタン・シンプルに運用することができます。

    「そろそろ人事制度を整備したいが大変だし、誰に相談したらいいか分からない・・」

    「もっと目標意識を高めて、メンバーに自発的に成長をして欲しい・・」

    「管理作業に時間・工数が掛かりすぎる。無駄な業務に時間を割きたくない・・」

    このような悩みをHRBrainで解決できます!

    無料トライアル実施中!ぜひお試しください!

    HR大学 編集部

    HR大学は、人事評価クラウドのHRBrainが運営する、人事評価や目標管理などの情報をお伝えするメディアです。難しく感じられがちな人事を「やさしく学べる」メディアを目指します。

      関連記事

      おすすめ記事