人事をやさしく学ぶメディア

HRBrain

HR大学

人材育成

PEST分析とは?やり方やコツ、事例解説 | 便利なテンプレート紹介

PEST分析とは

PEST分析とは?やり方やコツ、事例解説 | 便利なテンプレート紹介

目次

    マーケティング戦略で用いるPEST分析。環境分析の位置づけであるPEST分析は、マーケティング戦略の第一歩です。本記事では、PEST分析の内容やマーケティング戦略上の位置づけのほか、やり方・コツ、事例について解説します。

    PEST(ペスト)分析とは

    PEST分析

    PEST分析は、マーケティング戦略を立てるにあたって、欠かすことのできない分析です。ここでは、PEST分析の内容や目的を説明します。

    PEST分析とは? 

    PEST分析は、政治・経済などのマクロ環境を分析するフレームワークで、アメリカの経営学者であるフィリップ・コトラーが提唱した分析手法です。マクロ環境を分析する手法で、4つの頭文字「P・E・S・T」から、PEST分析といわれています。具体的には下記の単語の頭文字を取っています。

    • Politics(政治)
    • Economy(経済)
    • Society(社会)
    • Technology(技術)

    PEST分析は、マーケティング戦略における事業機会や課題の予測・分析につなげます。

    PEST分析の目的

    PEST分析の目的は、マーケティング戦略立案に欠かせない3C(サンシー)分析やSWOT(スウォット)分析につなげる外部環境分析を行うことです。外部環境分析は、自社の統制が不可能なマクロ環境、自社の統制が可能なミクロ要因に分けられますが、PEST分析はミクロ環境分析となります。

    • 政治・法律・業界動向
    • 景気・賃金・経済動向
    • 人口・社会変化の動向
    • 技術の進展・革新動向

    それぞれのマクロ環境について、PEST分析によって外部環境を把握し、自社のマーケティング戦略につなげます。

    PEST分析のマーケティング戦略上の位置づけ

    PEST分析の位置づけ

    PEST分析は、マーケティング戦略立案に欠かせないフレームワークです。ここでは、PEST分析のマーケティング戦略上の位置付けや3C分析との関係性を説明します。

    PEST分析はマーケティング分析の第一歩!

    マーケティング戦略の立案は、3C分析・SWOT分析などさまざまなフレームワークを活用しますが、どのフレー厶ワークも外部環境分析は不可欠です。

    外部環境分析は、マクロ環境を分析する「PEST分析」、ミクロ環境を分析する「5F(ファイブフォース)分析」「3C分析」に分けられますが、PEST分析は、マーケティング戦略策定のフローにおいて最初に行う分析です。

    マクロ環境分析である「PEST分析」で大局的な分析を行い、ミクロ環境分析である業界構造を把握する「5F分析」、市場・顧客ニーズを捉え、競争優位を分析する「3C分析」にてそれぞれ、マーケティング戦略上の事業機会や課題発見につなげるための分析を行います。

    PEST分析はKSFにつなげる3C分析の要素!?

    マーケティング戦略の策定プロセスは、「マクロ環境分析」「ミクロ環境分析」「戦略分析」「マーケティング戦略」「マーケティング施策」の順となりますが、各プロセスでフレームワークを活用します。具体的なフローは次のとおりです。

    マーケティング戦略の策定プロセス

    PEST分析は、ミクロ環境分析である3C分析の分析要素となりますが、5F分析も同様に3C分析の要素となります。こうして、3C分析は、PEST分析で把握したマクロ環境、5F分析で把握したミクロ環境をベースに競合他社分析を行います。

    次に、3C分析に基づき、SWOT分析にて「強み」「弱み」「機会」「脅威」の4つの視点で戦略の方向性を導き、SWOT分析から導いた戦略の方向性を重要成功要因といわれるKSFとして設定するのです。このように、PEST分析は、3C分析やSWOT分析の要素となっています。

    マーケティング戦略の策定フローについて詳しく知りたい方は、「 3C分析とは?SWOT分析との関係性、やり方などを簡単に解説」をご覧ください。

    PEST分析のやり方・コツ

    PEST分析のやり方

    「政治」「経済」「社会」「技術」の4つの視点で分析を行うといっても、どのように分析をしていくものでしょうか?ここでは、PEST分析のやり方、コツについて解説します。

    「P・E・S・T」4つのマクロ環境洗い出し

    PEST分析は、「政治」「経済」「社会」「技術」の4つの視点で行いますが、具体的には次のとおりに洗い出していきます。4つの視点で共通して言えることですが、「脅威を機会に変えることができないか」という視点もポイントとなります。

    【政治・法律・業界動向(Politics)】

    Politicsは、次のような視点で、自社を取り巻く政治・法律・業界動向を洗い出します。

    • 政治・政権動向で自社に及ぶ脅威はないか
    • 法改正による緩和で新たな事業機会はないか
    • 法改正による規制強化で脅威がないか
    • 税制動向で自社の利益に脅威がないか
    • 業界構造の変化で新たな機会・脅威はないか

    これらの動向は、企業の統制が効かない領域であり、自社の方向性を正しく導くためにヌケ・モレなく洗い出すことが大切です。

    【景気・賃金・経済動向(Economy)】

    Economyは、次のような視点で、自社を取り巻く景気・賃金・経済動向を洗い出します。

    • 景気・経済成長率などの動向で自社に及ぶ脅威はないか
    • 物価・原油価格・金利などの動向で自社に及ぶ機会・脅威はないか
    • 消費動向で自社に及ぶ機会・脅威はないか
    • 為替・賃金動向で自社に及ぶ機会・脅威はないか

    これらの動向は、企業業績に大きな影響を与えるものであり、自社への影響をシミュレーションし、リスクヘッジ手段を講じることができるか?などの視点で洗い出すことがポイントです。直接、輸出入の取引など海外への関与がなくても、為替動向で国内物価が上昇することなど経済予測を踏まえた洗い出しをすることも必要でしょう。

    【人口・社会変化の動向(Society)】

    Societyは次のような視点で、自社を取り巻く人口・社会変化の動向を洗い出します。

    • 少子高齢化など人口動態変化の動向で自社に及ぶ機会・脅威はないか
    • 消費スタイルなど社会変化の動向で自社に及ぶ脅威・機会はないか

    これらの動向は長期に渡り影響を及ぼすものであり、これらの変化が自社に与える影響を中長期に洗い出す必要があります。人口・社会変化の予測を活用することもポイントになります。

    【技術の進展・革新動向(Technology)】

    Technologyは、次のような視点で、自社を取り巻く技術の進展・革新の動向を洗い出します。

    • 技術の進展・革新により自社に及ぶ脅威・機会はないか

    Technologyの動向は、自社に大きな影響を及ぼすものであり、ものづくりの工程や製品・IT技術、広告手法などの革新的な変化が自社に与える影響を洗い出す必要があります。

    技術の進展・革新に対応していけないと事業の存続が危ぶまれることもあり、正しい方向に導くために業界内の動向や立ち位置なども考慮した情報収集をすることもポイントです。

    4つのマクロ環境相関分析と中長期の仮説設定

    PEST分析は、洗い出して終わりではありません。PEST分析は、外部環境を整理するフレームワークであり、4つのマクロ環境を相関分析することで中長期の仮説を立て、PEST分析で戦略の方向性を導くのです。ここでは、例を用いて4つのマクロ環境分析と中長期の仮説設定の方法を解説します。

    【コロナ渦における酒類中心とした飲食店のPEST分析例】

    「政治」「経済」「社会」「技術」の4つの要素からマクロ環境の相関分析をしますが、それぞれどのようなことなのかを、コロナ渦における酒類中心とした飲食店を例にみていきます。

    この飲食店に関係する外部環境を洗い出した結果は次のとおりです。

    • 政治動向:緊急事態宣言中の酒類提供禁止・営業時短要請
    • 経済動向:新型コロナに関する飲食店倒産の増加
    • 社会動向:緊急事態宣言による巣ごもり消費、SNS利用時間の増加
    • 技術動向:デリバリーサービス事前決済などSNSの機能強化、飲食店によるSNS集客の活用拡大

    このような外部環境から、コロナ渦においては、酒類中心からデリバリー中心のビジネスモデルにシフトし、集客や事前決済システムなどSNSを最大限に活用することが考えられます。

    また、アフターコロナにおいて、「定着した家飲み需要が落ち込まない場合」「外飲み需要が回復した場合」など複数の仮説を立てることも戦略の策定には必要です。

    このように、自社を取り巻く外部環境をPEST分析にて整理し、仮説を立てて向かうべき方向性を抽出するのです。

    【PEST分析のコツ】

    ここまでPEST分析のやり方・分析例でポイントを解説してきましたが、主なコツをまとめておきます。

    • マクロ環境のトレンド変化、機会・脅威を見極め、市場機会発見へつなげる
    • 「脅威を機会にできないか」をマクロ環境相関分析で見つける
    • のちに行うSWOT分析を想定し、自社の強み・弱みを活かせる外部環境を分析する
    • 仮説はひとつでなく複数立てる
    • 各種予測情報も参考にする

    PEST分析を行う際は、上記のコツを踏まえながら、取り組んでみてください。

    知っておきたいPEST分析の企業事例

    企業事例

    ここでは、PEST分析の企業事例として大手コンビニエンスストア・セブン-イレブンの事例を紹介します。

    事例:コンビニエンスストア(株式会社セブン‐イレブン・ジャパン)

    • 政治動向:コロナ渦における外出自粛・キャッシュレス決済のポイント還元政策
    • 経済動向:新型コロナウイルスによる世界経済の低迷・巣ごもり特需・食品スーパーマーケットの堅調な業績
    • 社会動向:家飲み需要の定着
    • 技術動向:多様な電子決済サービスの出現、セルフレジの導入

    同社は、外出自粛・巣ごもり特需による食品スーパーマーケットの需要を取り込むべく、品揃え戦略を見直し、各店舗のレイアウト変更により冷凍食品や惣菜の品揃えを拡大したと考えられています。

    この結果、コロナ渦における消費低迷のダメージを抑えたといえるでしょう。

    ブレスト機能など便利機能もある!オススメツール・テンプレート紹介

    おすすめツール

    PEST分析のテンプレートには、WordやExcelで使えるものや、なかには複数人でブレストしながら作ることができる実践的なテンプレートもあります。ここでは、3つの便利なPEST分析のテンプレートを紹介します。

    Word・PowerPoint・Exelで使える!Edraw PEST分析テンプレート(

    見栄えの良いPEST分析図をすぐに作成できるように、豊富なテンプレートが用意されています。ツール上で編集し、無料でWord、PowerPoint、Excel形式のPEST分析図をダウンロードすることができます。

    マーケター向けサイト「ferret」が提供するPEST分析テンプレート(

    同社が運営する「ferret」お役立ち資料として、PEST分析のテンプレートを公開しています。無料で会員登録してダウンロードをすることが可能です。そのほかにもマーケティングで活用できる資料を公開しています。

    オンラインでブレストしながらPEST分析ができるCreately(

    複数人とブレーンストーミングをしながらPEST分析を行える高機能なオンラインツールです。slackやGoogleなど日常的に活用するツールとの連携も可能です。

    【まとめ】PEST分析は、相関分析と仮説を立ててKSFにつなげることがポイント

    本記事では、PEST分析の内容やマーケティング戦略上位置づけのほか、例を用いたやり方・コツの解説、事例の説明を紹介しました。

    PEST分析は、単に4つの外部環境を分類するだけではなく、「マクロ環境のトレンド変化を見極めて市場機会発見につなげる」「相関分析によって仮説を立てる」こともポイントになります。

    ここであげた分析例や企業事例を参考に、3C分析やKSFにつなげるための有効なPEST分析を行いましょう。

    HRBrainはKSFと人事評価を確かな成長につなげる人事評価クラウドです。

    HRBrainは、従業員の目標設定から評価までのオペレーションの全てをクラウド上のソフトウエアで効率化するサービスです。MBOやOKR、1on1などの最新のマネジメント手法をカンタン・シンプルに運用することができます。

    「そろそろ人事制度を整備したいが大変だし、誰に相談したらいいか分からない・・」
    「もっと目標意識を高めて、メンバーに自発的に成長をして欲しい・・」
    「管理作業に時間・工数が掛かりすぎる。無駄な業務に時間を割きたくない・・」

    このような悩みをHRBrainで解決できます!
    無料トライアル実施中!ぜひお試しください!

    HR大学 編集部

    HR大学は、人事評価クラウドのHRBrainが運営する、人事評価や目標管理などの情報をお伝えするメディアです。難しく感じられがちな人事を「やさしく学べる」メディアを目指します。

      関連記事

      おすすめ記事