人事をやさしく学ぶメディア

HR大学

人材管理

離職防止ツール5選!離職防止ツールをタイプ別に比較

離職防止ツール

離職防止ツール5選!離職防止ツールをタイプ別に比較

目次

    人事にとって重要な対策の1つである「離職防止」。優秀人材の採用に成功しても、離職すると採用コストが無駄になってしまいますよね。実は最近、離職防止するための専用ツールを導入する企業が増えているのです。離職防止ツールとは一体何か?この記事で詳しくご紹介します。

    離職防止ツールとは

    離職防止ツールとは

    離職防止ツールとは、従業員の離職を防ぐためのツールです。従業員に向けてエンゲージメントサーベイやアンケートを実施するツールが代表的です。モチベーション向上により離職を未然に防ぐ効果ができます。 

    主な離職理由や一般的な離職率

    リクルートホールディングスのリクナビNEXTが発表する「 退職理由の本音ランキング」によると、第1位が「上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」が23%。次いで「労働時間・環境が不安だった」が14%。その次が「同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった」という結果になりました。

    ランキングを見ると人間関係や雇用条件に不満をもち離職にいたる人が多い事がわかりますね。一般的な離職率は、厚生労働省の「 平成29年上半期雇用動向調査結果の概要」によると上半期で8.5%。中小企業庁「 中小企業における就業者の離職率(3年目)」の調査では、離職率30%前後になりました。

    また新規大学卒業者の3年以内の離職率は30%前後という結果であり、新卒・中途採用ともに3年以内の離職率30%ほどだと分かります(参考:厚生労働省「 学歴別就職後3年以内離職率の推移」)

    離職の原因についてさらに詳しく知りたい方は「 離職の原因TOP3!特に気をつけたい若者・新卒の離職理由も詳しく解説」もご覧ください。

    離職防止ツールを導入するメリット

    離職防止ツールを活用すると、従業員の離職防止、生産性の向上、業務の効率化など様々な面で効果が期待できます。

    離職防止ツールでは、従業員のコンディションを細かくチェックできるので、悩みの早期解決に動けるのです。従業員が退職すると採用や育成コストもかかる上に、ほかの従業員のエンゲージメントが下がる可能性があります。離職を防止するとそういった面も起きないので、離職防止ツールのメリットですね。 

    離職を防止するための具体策についてはさらに詳しく知りたい方は「 離職防止に向けて必要な考え方とは?離職防止の企業の成功事例も紹介!」もご覧ください。

    離職防止ツールを導入するデメリット

    まず費用がかかる事と、費用対効果を実感するまでに時間がかかる事です。費用はツールのプランで異なりますが、月々数万~数十万円からと決して安くはありません。また費用対効果を実感するには、退職を考える従業員がいるかどうか、離職防止ツールがきっかけで離職を思いとどまったかを明確に判断がしづらい点があります。離職防止ツールが本当に必要なのか、導入する事でどんな課題を解決したいのかを明確にし、長い目を見て運用する心構えが大切です。

    離職防止ツール導入の目的

    離職防止ツール導入の目的

    離職防止ツールを導入するとどんなメリットがあるのでしょうか?さらに具体的にご紹介します。

    社員の内面を可視化する

    離職防止ツールは、定期的に従業員に向けてアンケートやパルスサーベイを実施します。例えば、「今の部署に満足していますか?」「仕事を適切に評価されていると思いますか?」など、さまざまな質問を通して従業員の内面を可視化できるのです。

    社内アンケートの方法や本音を引き出すコツについては、こちらの記事をご確認ください。

    社員のデータを収集することができる

    離職防止ツールを活用しデータを蓄積・分析をすれば、どんな社員が離職傾向にあるのかがわかります。どのような部署で、環境で離職に向けての変化が分かれば、社内環境改善にも繋がり従業員満足度もアップするでしょう。また「自社にはどのような社員がいるのか?」と傾向が分かれば、採用活動時に「○○○な社員が多く活躍している」とアピールができますね。

    個別のフォローができる

    離職防止ツールで従業員の内面が可視化されると、個別のフォローアップにも効果的です。

    とくに最近ではリモートワークを導入する企業が多く、部下の内面を把握しづらいと感じる人も多いものです。データとして可視化できると、事前に部下の悩みやストレス状態を察知し解決へと繋げられるでしょう。

    離職防止ツール選定のポイント

    離職防止ツールの選び方

    離職防止ツールと一口に言っても、その種類は数十種類以上あります。数あるツールの中から自社に合うものを選定する際のポイントを説明します。

    使いやすいデザイン・機能であること

    まずは使いやすい操作性、機能であることが大切です。離職防止ツールは、人事部以外にも各部署の一般社員から管理職、経営陣など幅広い人が使うことでしょう。そのため誰でも使いやすいシンプルなツールを選ぶと良いですね。

    サービス・フォローの手厚さ

    離職防止ツールを実際に導入した後のサービスとフォローの手厚さは要チェックです。ツールを導入後、いろいろと困る事も出てくるもの。例えば、離職希望をもつ従業員にどう対応したら良いのか。どのような質問を設定したら良いのかなど、気になる箇所あればすぐにフォローしてくれるか、サービス内容とスピードも大切です。フォロー体制が充実していれば、不安なく快適にツールを活用できるでしょう。

    導入費用

    導入費用は月数万~数十万からと、離職防止ツールの種類やプランで大きく異なります。社員数に応じて導入費用が変動するツールが多いです。

    初めての数日間はお試しできるツールもあるので、まず初めはお試しから始めて使い勝手を確かめると良いでしょう。

    タイプ別に離職防止ツールを5つ紹介

    タイプ別に離職防止ツールを5つ紹介

    どの 離職防止ツールがおすすめなのか、特徴や機能に注目しておすすめをご紹介します。

    HRBrain

    タレントマネジメントシステムで有名な「 HRBrain」。社員データをカンタン・シンプルに管理・運用できるツールです。アンケート機能も搭載しているので社員の異動希望やエンゲージメントの調査も簡単にできます。データドリブンな人事を実現したい人におすすめです。
    HRBrainの導入事例について、「
    HRBrain導入事例集」で詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

    SmartHR

    クラウド人事労務ソフトで有名な「 SmartHR」。従業員の入社手続きから雇用契約書、年末調整などさまざまな労務手続きをクラウドで対応できるのが特徴です。さらに従業員エンゲージメントを測定できる「従業員サーベイ」の機能も搭載。労務管理のクラウド化をしたい人におすすめです。 

    Talknote

    社内の人達と気軽に連絡ができる「 Talknote」。まるでLINEのように、スタンプやスピーディーなチャットができるのが特徴です。社員の組織への関心度や仕事の積極性などを測定できる独自のデータ分析「アクションリズム分析」も搭載。アクセス時間や投稿量により退職意向があるかどうかを発見できます。まずは気軽に離職防止ツールを始めたい人におすすめです。 

    Geppo

    パルスサーベイやエンゲージメントサーベイの機能が有名な「 Geppo」。「個人サーベイ」と「組織サーベイ」の2つの軸を組み合わせる事で、個人と組織の課題を見える化ができます。離職率の改善や、オンボーディングの成功に効果的だと言われています。パルスサーベイのみの機能を求める人におすすめです。

    wevox

    エンゲージメントサーベイをリアルタイム集計・分析ができるのが特徴の「 wevox」。AIによるデータ解析で、組織とチームの課題改善を目指します。導入コストは離職防止ツールの中でも安いのも魅力の1つ。初期費用なし、最低利用年数なし。必要なコストは利用する従業員人数/月額300円です。安い導入コストで始めたい人におすすめです。

    【まとめ】人材管理・タレントマネジメント・戦略・組織開発をカンタン・シンプルに

    おすすめの離職防止ツールや選び方をご紹介しました。離職を防止し、社員の定着率を向上させるためには、社員の状態を常に把握すると良いでしょう。

    HRBrainは社員のエンゲージメントを高め、組織を確かな成長につなげる人事評価クラウドです。

    HRBrainは、従業員の目標設定から評価までのオペレーションの全てをクラウド上のソフトウエアで効率化するサービスです。MBOやOKR、1on1などの最新のマネジメント手法をカンタン・シンプルに運用することができます。

    「離職防止のために社内アンケートやパルスサーベイを実施したいけど、どのツールを選べば良いか分からない」
    「そろそろ人事制度を整備したいが大変だし、誰に相談したらいいか分からない・・」
    「もっと目標意識を高めて、メンバーに自発的に成長をして欲しい・・」
    「管理作業に時間・工数が掛かりすぎる。無駄な業務に時間を割きたくない・・」

    このような悩みをHRBrainで解決できます!
    無料トライアル実施中!ぜひお試しください!

    HR大学 編集部

    HR大学は、人事評価クラウドのHRBrainが運営する、人事評価や目標管理などの情報をお伝えするメディアです。難しく感じられがちな人事を「やさしく学べる」メディアを目指します。

      関連記事

      おすすめ記事