人事をやさしく学ぶメディア

HR大学

人事用語

【実践編】従業員サーベイの成功ポイントと活用事例を紹介

従業員サーベイの成功ポイント

【実践編】従業員サーベイの成功ポイントと活用事例を紹介

目次

    従業員サーベイの成功ポイント、企業規模別のサーベイツールの紹介と活用事例を中心に実践的な内容を解説します。

    従業員サーベイとは?

    従業員サーベイとは?

    人事制度や就業規則を改定する際、人事が仮説として立てた課題を検証しておく必要があります。その際の必要な事実情報を集めるために使用します。なお、HR大学では、他のサーベイと区別するためにこのような定義を用いますが、一般的には「従業員に関する包括的な調査」という意味合いで、人事部が主体となって行う調査の総称として使われることもあります。さらに詳しく知りたい方は、 【人事必見】従業員サーベイとは?メリット・デメリットと実施時の注意点を解説 をご確認ください。

    従業員サーベイを成功へ導くポイント

    従業員サーベイの成功

    どうすれば従業員サーベイを成功に導くことができるのでしょうか?成功ポイントをまとめました。

    目的を明確にする

    どんな施策も目的は大切ですが、従業員サーベイも例外ではありません。従業員サーベイは従業員に色々な質問ができる良い機会になるので、ついあれもこれも、と欲張った調査になり、目的があいまいになることがしばしば発生します。誰が、何の目的で、何を知りたいのか、常に意識して明確にしておきましょう。

    従業員からの理解と協力を得る

    良い調査結果を得るには、従業員が正直に回答すること、従業員からの回答率を100%に近づけること、この2つが必須条件です。この条件をクリアするには、従業員の理解と協力が欠かせません。従業員への説明には、実施目的、従業員のメリット、個人の回答が成績や評価・立場に一切影響がないことをしっかりと伝えましょう。

    ベストな実施時期を見極める

    従業員サーベイは従業員が落ち着いて回答できる時期を選びます。まずは、次の2点は避けるのがよいでしょう。

    • 決算期、年度替わり、繁忙期を避ける

    これらの時期は、会社全体が忙しいため回答率が落ちやすくなります。また、年度替わりは体制変更に加えてプライベートの面でも変化が多いことから、従業員の気持ちが落ち着いておらず、サーベイの回答時期として相応しくありません。

    • 賞与支給時期や評価時期を避ける

    賞与や評価の時期は、従業員にとって、非常にデリケートな時期です。従業員は賞与額や評価結果に一喜一憂しがちで、心理状態が一時的に不安定になることもあります。この時期に人事部が主体となったアンケートを従業員に依頼しても、正しい回答が期待できません。

    質問の質や回答方法がサーベイ結果に影響する

    サーベイの質問を作り始めると、つい質問を多く盛り込みたくなります。しかし、質問数が多すぎると、回答のミスが増え、信頼性が下がります。一方、回答方法のポイントとしては、フリーコメントなどの記述式を多くすると、従業員の負担が増え、良い回答を得にくくなります。また、フリーコメントは、数値評価をしにくいため、分析時の手間が大きくなる欠点もあります。

    従業員サーベイの方法とツール

    従業員サーベイの方法

    従業員サーベイはインターネットを使ったアンケート形式で行うことが多いのですが、他にも方法があります。ここでは従業員サーベイの方法とツールについて詳しく説明します。

    従業員サーベイの方法とツールは4つのタイプに分けられる

    従業員サーベイには様々な方法がありますが、個々では主に使われている方法とツールをご紹介します。

    • Webツール
    • 電話
    • 面談/ヒアリング
    • Webツールや紙を使う場合
    • 電話や面談/ヒアリングを使う場合

    従業員サーベイツールの紹介

    従業員サーベイツールの紹介

    従業員サーベイのツールを見極めるポイントの1つとして、会社の規模が挙げられます。会社の規模別にお勧めのツールをご紹介します。なお、ここでの会社の規模は従業員人数を基準にしています。

    大規模の企業向けツールの紹介

    従業員人数が数千人以上にもなる大企業は、就業スタイルも多岐にわたります。そのため、業務でパソコンやスマホなどの個人端末を持たない従業員への配慮も必要になるでしょう。 株式会社オーピタスの提供するサーベイツールであれば、郵送や現地一斉回答といった多様な就業スタイルに合ったサーベイを実施することができます。

    中規模の企業向けサーベイツールの紹介

    従業員人数が数百人程度の中規模の企業では、人事担当者が複数の業務を兼務されるケースが多いと思います。担当者の負担軽減につながるサーベイツールがお勧めです。 NTTコムリサーチの提供するツールは、規定質問200から最大60個を選択でき、かつ、オリジナルの質問を5個まで作成が可能です。担当者の負担を軽減しつつ、目的に応じたサーベイ作りが簡単にできます。

    小規模企業向けサーベイツールの紹介

    従業員人数が100人以下の小規模な企業では、費用が課題になります。freeasyなら1人1問10円、50名からサーベイツールの利用が可能なため、低予算でも実施が可能です。また、無料プランも用意されていて、トライアル導入もしやすいです。プライバシーマーク取得済みの企業によるサーベイツールですからセキュリティ面も安心して本格的な従業員サーベイを実施できますね。

    従業員サーベイの事例

    従業員サーベイの活用事例

    従業員サーベイで得た結果をどのように活用していけばよいでしょうか?ここでは従業員サーベイの活用事例をご紹介します。

    無記名アンケート形式で問題の原因を突き止める

    従業員は人事評価の不満について本音を語りたがりません。そんな時は、無記名アンケート形式の従業員サーベイが活躍します。アンケートを通じて、制度や評価プロセス、評価内容の理解度や納得度を詳しく調査することで、制度の問題点や運用の問題点が見えてきます。一般的に評価への不満が大きいと、すぐに評価制度の改定に取り掛かりがちです。しかし、サーベイなどで浮彫になる課題は、制度理解が不十分、評価プロセスが不透明など運用面によることも少なくないのです。真の課題が分かれば、自然と適切な施策が生まれてきます。このように、従業員サーベイでは、調査したい目的をある程度絞り込み、問題の原因を突き止めることに役立ちます。

    従業員の業務タイプ・生活スタイルを見極めて働き方改革を推進する

    人手不足による従業員の離職回避対策として、また、働き方改革関連法の対応として、人事部では、働き方改革への取り組みが急務になっています。ところが、十分に社内調査をせずに様々な制度や施策を導入して、従業員の失望を招いてしまうこともよくある話です。働き方改革は、従業員の業務タイプや生活スタイルを見極めた上での制度・施策が大切です。従業員サーベイは従業員のニーズを知るツールとして、有効な方法といえるでしょう。

    【まとめ】従業員サーベイは従業員ニーズを的確に把握して人事施策に反映できる

    ここでは、従業員サーベイの実践編として、成功ポイントや企業規模別のツール紹介、活用事例などをご紹介しました。従業員サーベイを人事施策に反映していく際には、人事データベースの情報も平行して活用すると、より質の高い施策にすることができます。

    HRBrainは従業員データを可視化し、人材と組織のパフォーマンスを最大化させて確かな成長につなげる人事クラウドシステムです。

    HRBrainは、従業員の目標設定から評価までのオペレーションの全てをクラウド上のソフトウエアで効率化するサービスです。MBOやOKR、1on1などの最新のマネジメント手法をカンタン・シンプルに運用できます。

    「人材のデータを分析してみたい」
    「組織の状態を見える化してパフォーマンスを向上させたい・・」
    「そろそろ人事制度を整備したいが大変だし、誰に相談したらいいか分からない・・」

    このような悩みをHRBrainで解決できます!

    このような悩みをHRBrainで解決できます!
    無料トライアル実施中!ぜひお試しください!

    HR大学 編集部

    HR大学は、人事評価クラウドのHRBrainが運営する、人事評価や目標管理などの情報をお伝えするメディアです。難しく感じられがちな人事を「やさしく学べる」メディアを目指します。

      開催予定のオンラインセミナー

        おすすめ記事