人事をやさしく学ぶメディア

HR大学

人事用語

具体的に知りたい!タレントプールを構築/活用した効果的な人材採用のポイント

タレントプールとは?人材獲得競争時代に必須の人材確保方法

具体的に知りたい!タレントプールを構築/活用した効果的な人材採用のポイント

目次

    優秀な人材獲得手法にタレントプールが注目されています。データベース化する重要性は理解したけど具体的にどうすればいい?データベースをどう構築し、活用すれば良いのか?変化に対応できる人材確保が重要な経営戦略に必要なタレントプール導入の手順を追って解説します。

    タレントプールとは?

    タレントプールとは?

    タレントプールとは、英語で人材を意味する「Talent」と蓄積することを意味する「Pool」を組み合わせた言葉です。自社に必要な人材を中長期的に管理していくために人材をデータベースに登録することです。また、欧米では優秀人材のことを「タレント」と呼びます。そのため、タレントプールは特に優秀人材の確保方法としてよく使われています。

    そもそもタレントプールとは?について知りたい方は「 タレントプールとは?人材獲得競争時代に必須の取り組みを徹底解説」をお読みください。

    なぜ、採用でタレントプールが必要なのか?

    なぜ、採用でタレントプールが必要なのか?

    今回はタレントプールの構築方法のうち、特に採用におけるタレントプールについてご紹介します。

    採用におけるタレントプールとは?

    新型コロナウイルス感染症をキッカケに社会環境の変化が激しくなっています。昨年まで不要だった知識が、今年になって急に必要になることがあるほどです。こうした変化に備えるためには、企業は常に将来の従業員となる人材を確保しておく必要があります。いますぐには必要ではなくても、将来のリスクや事業での必要性を予見して優秀な人材をタレントプールに登録しておくとよいでしょう。こうした将来の状況を見越して、多くの大企業では、採用ホームページで「登録制」を採用しています。登録制では、幅広い人材に門戸をひらいて人材情報を登録してもらいます。もし将来、特定の人材が必要になった場合、その人材要件に合う人材を採用するのです。このように、現代の採用活動においてタレントプール構築は必要不可欠な取り組みと言えるでしょう。

    採用でのタレントプール活用のメリット

    採用活動で、効果的なタレントプールを構築できれば、必要な時に必要な人材をすぐ採用できるでしょう。特に中途採用では、即戦力となる人材をすぐに雇いたい場合があります。急に欠員が出てしまった時や、新規事業に必要な人材が発生した場合にすぐに人員補充できれば事業の機会損失を防ぐことができるでしょう。また、優秀人材を登録したタレントプールを構築できれば、優秀人材とのコネクションができ、長期的に採用に向けた関係づくりもできます。さらには、登録される人材を分析すれば、自社の採用活動がうまくいってるかどうか判断することも可能です。

    採用におけるタレントプール構築方法

    採用におけるタレントプール構築方法

    採用におけるタレントプール構築は、2つの手順が必要です。1つめは人材要件の定義、2つ目は人材登録ツールの導入です。

    採用タレントプール構築方法①人材要件を定義する

    タレントプールで最も重要なのは「自社にとって必要な人材」をデータベース化することです。特に採用では闇雲に人を集めるのではなく、自社の事業に必要な優秀人材を絞り込んで登録する必要があります。そのためには、まず人材要件を定義しましょう。例えば、中期経営計画と連動させて、どのタイミングでどのような人材をが必要かを予測します。人材要件で、いつどのような人材が必要かを定義できれば、いつまでに何名の候補者をタレントプールに登録するかわかるはずです。

    採用タレントプール構築方法②人材登録ツールを導入する

    タレントプールを構築するには、データベースが必要です。もちろんExcelでも構築可能ですが、できれば専用の登録ツールを使用しましょう。最近では、クラウド型のタレントマネジメントシステムに採用登録機能がついている場合もあります。人材情報登録ツールを導入して、自社に興味を持っている求職者に登録してもらうことで、タレントプールを簡単に構築できるでしょう。

    タレントマネジメントシステムについて詳しく知りたい方は「 【徹底解説】タレントマネジメントシステムで組織パフォーマンスを最大化させるための導入方法 」をお読みください。

    タレントプールの活用方法

    タレントプールの活用方法

    タレントプールを構築できれば、急な人員補充や組織変革の必要性に迫られた際にすぐ対応が可能です。また、特定の専門知識が必要になった際も、専門家にすぐアプローチできるようになるため、事業成長における機会損失を防ぐことができるでしょう。

    急な人員追加や欠員補充の場合 

    近年は転職市場が活性化しています。そのため転職により離職が発生する確率が高まってきています。転職により急な欠員が出た際、欠員を埋めるために採用を行う場合もあるでしょう。そんな時にタレントプールを構築できていれば、すぐに欠員を補充できます。また事業拡大の場面で急に増員が必要になった場合も、タレントプールがあればすぐに増員できる確率が高まります。タレントプールを構築するには、まず人材要件に合致する人材をサーチファームやSNSを活用してリサーチします。そのうえで求人案内を送り、対象の人材にタレントプールに登録してもらいます。必要であれば会社説明会を行ってもよいでしょう。

    組織の変革が求められる場合

    企業は時に、事業成長のために変革が求められることもあります。変革を成功させるには強いリーダーや、才能を持った優秀人材が必要です。多くの場合、組織変革は待ったなしの状況ですぐに取り組まれることが多いでしょう。組織を変革したい時に、変革を実現する人材をすぐに採用できれば変革は早く実現できます。例えば他社で組織変革に成功した人事のリーダーを採用することや、事業再生を成功にに導いた優秀人材を採用することが方法として考えられます。タレントプールを構築して才能ある人材を常に採用できる状態にしておきましょう。

    特定の専門知識が必要になった場合

    企業活動の中では専門家が必要になることもあります。例えば法務の専門家として弁護士を採用する場合や、労務の専門家として社労士を雇う場合です。こうした専門知識が必要な際に、タレントプールが構築できていれば、採用が難しい専門家でも雇うことができるでしょう。

    採用の成功はタレントプールを構築すること

    タレントプールを構築することは、一朝一夕にはできません。しかし少しでも早くタレントプールを構築できれば、本当に必要な時に優秀人材へアプローチできるでしょう。ぜひ自社に合ったタレントプールを構築してみてください。

    「優秀人材を採用したいけど、なかなか採用できない。」

    「タレントプールを構築してみたい…」

    「管理作業に時間・工数が掛かりすぎる。無駄な業務に時間を割きたくない…」

    このような悩みをHRBrainで解決できます!

    無料トライアル実施中!ぜひお試しください!

    HR大学 編集部

    HR大学は、人事評価クラウドのHRBrainが運営する、人事評価や目標管理などの情報をお伝えするメディアです。難しく感じられがちな人事を「やさしく学べる」メディアを目指します。

      開催予定のオンラインセミナー

        おすすめ記事