お知らせ

HRBrainが2019年度グッドデザイン賞を受賞

2019/10/02

株式会社HRBrain(本社:東京都港区/代表取締役社長:堀 浩輝 以下、HRBrain)は、2019年グッドデザイン賞を受賞いたしました。

ユーザーが使いこなしやすいシステムであることへのこだわりを評価いただきました。
また、ベンチャーから大企業まで幅広い企業で活用が広がっている点を、注目ポイントとして取り上げていただいています。

■審査委員の評価
クラウド型人事評価システムの中でも、目標管理や人事評価といった人事オペレーションの効率化にフォーカスしているサービス。 様々な企業の研究に基づきシステムや評価基準が標準化され、いかにシステムを使いこなしていくかにフォーカスされたサービスが、中小企業やベンチャーだけでなく自社独自の人事システムを作ることにこだわりがちな大企業でも広く利用されているところに、時代の変化を感じる。

■グッドデザイン賞について
グッドデザイン賞は、デザインによって私たちの暮らしや社会をよりよくしていくための活動です。1957年の開始以来、シンボルマークの「Gマーク」とともに広く親しまれてきました。

グッドデザイン賞は、製品、建築、ソフトウェア、システム、サービスなど、私たちを取りまくさまざまなものごとに贈られます。かたちのある無しにかかわらず、人が何らかの理想や目的を果たすために築いたものごとをデザインととらえ、その質を評価・顕彰しています。

■HRBrainについて
HRBrainは、目標シートの記入から人事担当者による評価管理までをクラウドで一元化することで、評価業務を効率化し、蓄積されていくデータを元に、効果的な人事戦略を可能にしていく従業員の人事評価クラウドです。働き方改革の実施によって企業の課題となっている「生産性の向上」を解決していきます。