お知らせ

HRBrain、人的資本経営に焦点を当てたメディア「人的資本TIMES」をリリース

2022/03/08

株式会社HRBrain(東京都渋谷区、代表取締役CEO:堀 浩輝、以下「当社」)は、人的資本経営を実践するためのヒントやノウハウを提供するメディア「人的資本TIMES」をリリースします。

人的資本TIMES OGP画像

「人的資本TIMES」リリースの背景

昨今、ESG投資やISO 30414への対応をはじめとした人的資本開示の高まりなど、積極的な人材投資を進める人的資本経営が注目されています。企業の人事部門をはじめ、経営企画や経営陣は、経営戦略と人材戦略を連動させ、持続可能な成長を実現することが求められています。

そこで、人事・経営・投資家など、様々な視点から人的資本経営の考え方や具体的な取り組みに関するノウハウや実践事例を提供すべく、「人的資本TIMES」をリリースしました。

「人的資本TIMES」の概要

「人的資本TIMES」にて、人的資本の情報開示や従業員エクスペリエンスの向上など人的資本経営に焦点を当て、情報発信やノウハウを提供していきます。今後は、有識者・実務家との対談やカンファレンスの実施など幅広い活動を予定しています。

第1弾として、一般社団法人HRテクノロジーコンソーシアム代表理事の香川憲昭氏に、『人的資本経営を成功に導く人事部門のKPI』をテーマとして、ISO 30414への対応やHRテクノロジーの活用についてお話を伺いました。対談記事については、下記フォームより無料ダウンロードが可能です。noteにて対談記事の要約も掲載しています。

「人的資本TIMES」に期待すること

一般社団法人HRテクノロジーコンソーシアム 代表理事 香川憲昭氏

2022年は日本における「人的資本開示元年」として、上場企業を中心に大きなムーブメントが起こることが確実な情勢です。この動きをポジティブに捉える企業は、人への投資とHRテクノロジー活用を積極化し、人的資本経営のレベルアップを目指そうとするでしょう。新しい資本主義の時代を勝ち抜くための人的資本経営のノウハウや最前線の情報を期待しています。
一般社団法人HRテクノロジーコンソーシアム:
https://hr-technology.or.jp/

編集長よりコメント

株式会社HRBrain EX事業部 統括部長 / 人的資本TIMES 編集長 吉田 達揮

従業員と企業の関係性の再構築が求められる現在、従業員エクスペリエンスの向上や人的資本経営に関する注目度が高まっています。人的資本TIMESでは、最新のトレンドや取り組み事例をお届けしていきます。人事、経営、ESG推進担当、投資家、研究機関など様々なステークホルダーの視点を柔軟に取り入れ、次世代の経営のあり方についてみなさまと一緒に考えていきたいと思っています。

HRBrainについて

「HRBrain」は従業員エクスペリエンスを高める組織診断サーベイからタレントマネジメントまでをワンストップで実現するクラウドサービスです。あらゆる人材データを一元管理することで、業務の効率化やデータ分析・活用が可能です。また、事業成長を促進する人材開発・組織改善をプロダクト及びコンサルティングを通じて「人と会社のグロースパートナー」としてご支援します。

引き続き、人事領域のデジタル・トランスフォーメーション(DX)のさらなる促進に加え、SDGs、ESG経営、人的資本の情報開示の推進などの社会課題の解決に対して貢献できるよう、機能拡充を進めてまいります。

会社概要

社名:株式会社HRBrain
所在地:東京都渋谷区桜丘町9-8 KN渋谷3ビル 4F
代表取締役CEO:堀 浩輝
設立:2016年3月1日
サービスURL:
https://www.hrbrain.jp

HRBrainの詳細

HRBrainのサービス

  • タレントマネジメントクラウド
    タレントマネジメントクラウド

    人事評価から人材データの管理・活用までワンストップで実現。戦略的な人事の意思決定を支えるクラウドサービス

  • 人事評価クラウド
    人事評価クラウド

    人事評価を最もカンタン・シンプルに。評価運用の効率化からデータ活用まで

  • 従業員エクスペリエンスクラウド
    従業員エクスペリエンスクラウド

    従業員エクスペリエンスをデザインし、一人ひとりが躍動する組織へ。組織と個人の課題を見える化し、個別最適化された施策実行を実現

  • 労務管理クラウド
    労務管理クラウド

    入退社手続きや書類作成をカンタン・シンプルに。年末調整やマイナンバー管理・各種電子申請にも対応

  • 社内向けAIチャットボット
    社内向けAIチャットボット

    社内問い合わせ対応をAIで自動化。バックオフィス業務の効率化を実現