HRBrain

HR大学

人材育成

コンテクストとは?意味、使い方、用例を解説

alt

コンテクストとは?意味、使い方、用例を解説

目次

    本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービス・企業・法令の内容が変更されている場合がございます。

    コンテクストとは?

    コンテクストとは

    ビジネスシーンでもコンテクストはよく聞く言葉です。一方でコンテクストは、何となくわかりそうでわからない言葉ではないでしょうか。それもそのはず、コンテクストは使われるシーンによって意味合いが異なる言葉だからです。

    コンテクストの意味と使用例 

    コンテクスト(Context)とは、英語で背景、状況、場面、文脈を意味する言葉です。日本語では主に文脈という意味で使われます。

    ビジネスシーンでは、「コンテクストを読んで対応する」のように使用されます。例えば、お客様とのやりとりの中でお客様の意図や言葉の背景、これまでの経緯を踏まえて提案することを「コンテクストを読んで提案する」といいます。

    このように日本語では特に、言葉の裏にある意図を読む必要がある際などにコンテクストがよく使われます。

    IT分野におけるコンテクストとは

    IT分野でもコンテクストという言葉が使われます。ITの場合は、コンテクストはプログラムを実行するために必要な各種情報や設定を意味します。あるプログラムを制御する際に必要な制御情報を意味することもあるでしょう。

    コンテキストとコンテクストの違いは?

    コンテキストとコンテクストは同じ意味です。
    英語のContextを日本語読みした場合、コンテクストとコンテキストの2通りの読み方が可能です。
    ただし文脈、背景といった意味ではコンテクストが使われることが多いでしょう。一方でコンテキストは、IT用語として使われることが主流です。

    コミュニケーションにおける「コンテクスト」

    コミュニケーションにおけるコンテクスト

    コンテクストがもっともよく使われる場面が人と人とのコミュニケーションです。

    文化的背景とコンテクスト

    コンテクストは特に、国際的なビジネスシーンにおいて文化的な背景を説明、理解する際に使われます。特に言語において、どの程度言葉で説明が必要かを説明する際に用いられることが多いでしょう。例えば、言葉ではなく文脈を読んで理解しあう文化をハイコンテクスト文化と言います。ハイコンテクスト文化では、互いにある程度の共通の価値観や文化を共有しているため、言葉で説明しなくても伝わることが多いのが特徴です。言葉よりも感覚を重視し、「以心伝心」でコミュニケーションを行います。

    反対に言葉を重視する文化がローコンテクスト文化です。ローコンテクスト文化では、言葉による表現や論理的説明が重視されます。

    一般的に日本人や中国人はハイコンテクスト文化とされ、アメリカ人やドイツ人はローコンテクスト文化とされています。

    ビジネスシーンのコンテクスト

    ビジネスシーンにおけるコミュニケーションでもコンテクストが重要です。特に日本人の会話では、言葉の裏に隠された意図や要望が含まれています。いわゆる本音と建前です。最もわかりやすい例としては、商談における価格交渉でしょう。例えば、お客様が「いまは契約するのが難しい」と発言した場合、文字通り契約することが難しい場合とそうでない場合に分かれます。前後の文脈や意図を考えると、実は「もう少し価格を下げてほしい」という意味である場合もあります。

    このようにビジネスシーンでは相手の本音を知るために、コンテクストをよく理解することが重要です。

    コンテクストの使い方

    コンテクストの使い方

    ここまでの説明でコンテクストについてある程度理解できたかと思います。しかし、コンテクストという言葉を実際に使うとなると、まだ少し心もとないという方もいるでしょう。そこで具体的なコンテクストの用例をご紹介します。

    コンテクストを読む

    言葉としての「コンテクスト」が最もよく使われる用例の一つが「コンテクストを読む」です。
    「コンテクストを読む」とは、言葉の裏にある意図や背景を読み取ることです。
    また、ただ単に読み取るだけではなく、読み取った意図や背景から、どう行動するべきか推察するという意味もあります。

    もし上司から「もっと相手のコンテクストを読んで」と言われたら、相手の意図や考え方を読み取り、どのような行動がベストなのかを考えましょう。

    コンテクストを生成する

    少し難しい使い方が「コンテクストの生成」です。コンテクストの生成とは、文脈を作成する、背景をつくるという意味になります。

    コンテクストを生成する、という使い方をした場合、「相手の意図や背景を読み取って、自分の解釈を加えた文脈をつくる」という意味になります。

    物事の問題を想像からでしか推察できないときに、あえて自ら文脈や背景をつくり出して結論づける方法としてコンテクストの生成が使われます。

    様々な「コンテクスト」

    様々なコンテクスト

    コンテクストは様々なシーンで使われます。もう少しコンテクストを使用する場面について考えてみましょう。

    ハイコンテクスト

    先ほども説明したように、文化を説明する際にハイコンテクスト文化とローコンテクスト文化という言葉が使われます。

    ハイコンテクスト文化は、日本語では高文脈文化と訳されます。

    コンテクスト(文脈)とは、言語外の情報のことです。ハイコンテクスト文化では言語以外の情報が多く、言語以外の情報を使ってコミュニケーションが行われます。

    例えば、日本はハイコンテクスト文化だと言われています。これを象徴するように、日本では「空気を読む」という言葉があります。言葉だけではなく、その場の雰囲気や相手の表情を読み取って「察する」ことが求められます。

    例えば、相手に何かをお願いした際に「ちょっと難しい」と言われることがあります。「難しい」は文字通りとれば、いまは難しいという意味かもしれません。しかし、この場面では実際には「できない」という意味でしょう。

    このように言葉の裏を読む必要があるのがハイコンテクスト文化の特徴です。

    ローコンテクスト

    反対にローコンテクスト文化では言語外の情報が少なく、コミュニケーションのほとんどを言語情報でやりとりします。

    言葉として表現されていないこと、文字として書かれていないことはすべてなかったことになる場合もあります。

    そのためローコンテクスト文化である欧米では、ビジネスシーンでは契約を重視し、契約書に契約条件をこと細かく記載します。

    ローコンテクスト文化では言葉で説明しつくすことがとても重要です。

    コンテクストメニュー

    少し違った視点でのコンテクストの使い方に「コンテクストメニュー」があります。

    コンテクストメニューとは、IT用語の一つで、PC画面上で状況に応じて表示されるメニューのことです。
    最も代表的なものが「右クリック」で表示されるメニューです。
    PCでは使用するソフトや使用する場面によって右クリックで表示されるメニューが異なります。

    つまりOSがユーザーの使用状況を読み取って、その場の状況に必要なメニューを表示させているのです。

    【まとめ】ビジネスシーンではコンテクストを読んで対応することが重要

    コンテクストについて理解いただけたでしょうか。普段使っている言葉でも、改めて考えてみると様々な使い方があることに気づきます。コンテクストも改めて考えてみると、仕事における文脈や背景を読み取ることの大切さに気づかされるのではないでしょうか。ぜひビジネスシーンではコンテクストを読んで対応していきましょう。

    「そろそろ人事制度を整備したいが大変だし、誰に相談したらいいか分からない・・」

    「もっと目標意識を高めて、メンバーに自発的に成長をして欲しい・・」

    「管理作業に時間・工数が掛かりすぎる。無駄な業務に時間を割きたくない・・」

    このような悩みをHRBrainで解決できます!

    無料トライアル実施中!ぜひお試しください!

    ▽HRBrainの詳細はこちら▽
    • 人材業務の効率化から人材データの一元管理・活用まで HRBrain
    • 人材育成

    • Twitterでシェア
    • Facebookでシェア
    • はてなブックマークでシェア

    HR大学 編集部

    HR大学は、タレントマネジメントシステム・組織診断サーベイを提供するHRBrainが運営する、人事評価や目標管理などの情報をお伝えするメディアです。難しく感じられがちな人事を「やさしく学べる」メディアを目指します。

    • 人的資本経営を成功に導く人事部門のKPIとは
    • 「1on1ミーティング」入門書〜1on1を雑談で終わらせないためには〜

    おすすめ記事