HRBrain

HR大学

人材管理

クラウド人事評価システム徹底解説!システム選定から導入まで

alt

クラウド人事評価システム徹底解説!システム選定から導入まで

目次

    クラウド人事評価システムとは

    クラウド人事評価システムとは

    Excelや紙などのアナログな方法で運用されることが多かった人事評価ですが、最近では人事評価システムを導入する企業が増えています。今回は、人事評価システムの中で、現在主流となっているクラウド人事評価システムについて詳しく解説していきます。

    機能

    人事評価システムの主な機能は、従業員情報の管理、目標設定・進捗管理です。最近では人事評価機能だけでなく、タレントマネジメントに強みを持っていたり、採用管理システムと連携できたりといった、様々なものがあります。尚、人事評価システムの提供形態は、オンプレミス型、クラウド型、パッケージ型の3つがありますが、クラウドサーバー上でデータを管理し、インターネット経由で利用できるのがクラウド人事評価システムです。導入が簡単で、初期費用をおさえられるなどメリットが多いため、 現在の人事評価システムの主流となっています。

    導入のメリット

    作業が自動化し人事部門の生産性を上げることができる
    Excel管理の場合、シートの回収や未提出確認などの作業が人事部門の大きな負担となります。人事評価システムであれば、手作業を自動化することで時間を削減し、その分を他の業務にあてることができます。

    データを可視化し公平な評価が実現できる
    人事評価システムで達成すべき目標が日々可視化されるので、目標に対する意識を高めることにつながります。また、データが見える化されることで、評価軸が明確になり、従業員の納得感や公平感が得られます。

    データを蓄積し継続的な人材育成を実現できる
    人事評価システムを運用していくことによって、各従業員の目標・進捗のデータや評価情報等を蓄積していくことができます。データが蓄積されると、そのデータをもとに個別に人材育成のアクションプランを検討することができます。

    導入のデメリット

    導入時に人事担当者の作業負担がかかる
    人事評価システムを導入する際は、これまでの人事評価のやり方の整理や見直しが必要となります。また、人事評価シートの設定などシステムの初期設定の作業負担もかかります。

    コストがかかる
    人事評価システム導入には、コストがかかります。サポート費用が含まれているかなど、トータルコストを念頭に置き、自社が実現したい目的を実現できるものものを選ぶことが大切です。

    どうやって選ぶ?クラウド人事評価システム選定ポイント

    どうやって選ぶ?クラウド人事評価システム選定ポイント

    現在、多くのベンダーがクラウド人事評価システムを提供しています。自社に最適なシステムを導入するために、選定の際のポイントを紹介します。

    導入の目的に合った機能

    人事評価システムの選定の際には、まずは自社の現状と解決すべき課題を整理し、人事評価システムの導入目的を明確にしておきましょう。 目的を明確にすると、「タレントマネジメントシステムに強みを持つもの」「勤怠システムと連携できるもの」など、選択肢を絞ることができます。

    使いやすさ

    人事評価システムは現場の従業員や経営陣も利用します。導入したシステムが使いにくいものだった場合、かえって全社の生産性を下げてしまうことになりかねません。無料でトライアルを提供しているシステムも多いので、操作のわかりやすさ、情報の見やすさなどを必ずトライアルで確認をしましょう。

    サポート体制

    人事評価システム導入時はもちろん、導入後にもサポートが受けられるかどうかも大切なポイントです。導入後にも評価項目の変更など、サポートが必要となる状況が発生することがあります。導入後のサポートがあれば、人事担当者の負荷が減り、スムーズに運用することができます。

    どんなものがある?クラウド人事評価システムを比較

    どんなものがある?クラウド人事評価システムを比較

    上述では、人事評価システム選定のポイントを紹介しました。ここでは、具体的にクラウド人事評価システムにはどんなものがあるか、それぞれの特徴を紹介したいと思います。

    HRBrain

    HRBrainはタレントマネジメント機能に強みを持つ人事評価システムです。OKR や MBO、1on1 など様々なマネジメントの手法に対応しています。シンプルなUIで誰にでも使いやすく、導入後も専任のカスタマーサクセスが回数無制限でサポートをしてくれます。

    カオナビ

    カオナビは従業員の顔写真をアイコンにして、直感的に操作できるのが特徴です。使える標準機能の数が異なる3つのプランから機能が選択できるほか、適性検査などのオプション機能も追加できます。導入時のオンボードサポートのほか、導入後には「ユーザー会」というセミナーの受講も可能です。

    あしたのクラウド

    あしたのクラウドは目標設定・評価・査定・給与確定までの運用を一元管理できるシステムです。また、入力した目標に対してAIが自動添削を行うというユニークな機能もあります。長年のノウハウを活かした人事評価制度構築や運用支援というサポートも強みです。

    MINAGINE人事評価システム

    MINAGINE人事評価システムは目標管理と評価に特化したシンプルなシステムで、低価格で運用できます。従業員数100名以内の中小企業に特化しています。システム利用のサポートだけでなく、人事制度構築のコンサルティングや人事評価制度運用サポートも可能です。

    WiMS/SaaS人事考課システム

    WiMS/SaaS人事考課システムは、自社開発システムパッケージ「WiMS シリーズ」との連携にも強みを持ちます。勤務管理システムと連携して出勤率などの勤務データの参照や、資格やスキルを人事諸届申請システムの資格情報に連携するといった使い方も可能です。

    どうすればいい?クラウド人事評価システム導入フロー

    どうすればいい?クラウド人事評価システム導入フロー

    人事評価システムの機能や選定ポイント等をご紹介しましたが、実際にシステムを導入に取りかかる前に、人事評価システム導入の流れをイメージをしておきましょう。

    課題を整理し、導入の目的を明確にする

    まずは自社が抱える人事評価の課題を整理します。課題を整理したら、「目標から評価の管理を一元化する」「評価システムでタレントマネジメントもできるようにする」など、人事評価システムの導入目的を明確にします。目的を明確にして、効果を最大化できるようにしましょう。

    必要な機能の特定して候補を絞る

    目的を達成するために必要な機能を特定して、システムの候補を挙げます。システムを比較する際は、2章で挙げた「選定ポイント」を参考にしてください。またこのとき、トータルコストが予算内となるかもしっかり確認しましょう。初期費用、月額基本料金、利用料金のほか、定期メンテナンス代やアップデートの費用がかかることもあるため注意しておきましょう。

    候補となったシステムのトライアルを行う

    トライアルで使いやすさの確認をします。導入後のイメージを持ち、使える機能の確認をすることも大切です。

    システムの決定

    導入する人事評価システムが決まったら、プロジェクトチームを立ち上げましょう。誰が何をいつまでにやるのかを明確にして進めていきましょう。

    【まとめ】人材管理・人事評価・タレントマネジメントをカンタン・シンプルに

    HRBrainは人事評価とタレントマネジメントを確かな成長につなげる人事評価クラウドです。

    HRBrainは、従業員の目標設定から評価までのオペレーションの全てをクラウド上のソフトウエアで効率化するサービスです。MBOやOKR、1on1などの最新のマネジメント手法をカンタン・シンプルに運用することができます。

    「そろそろ人事制度を整備したいが大変だし、誰に相談したらいいか分からない・・」
    「もっと目標意識を高めて、メンバーに自発的に成長をして欲しい・・」
    「管理作業に時間・工数が掛かりすぎる。無駄な業務に時間を割きたくない・・」

    このような悩みをHRBrainで解決できます!
    無料トライアル実施中!ぜひお試しください!

    ▽HRBrainの詳細はこちら▽
    • クラウド人材管理システム HRBrain
    • EX Intelligence 従業員エクスペリエンスをデザインし、ひとりひとりが躍動する組織へ。人材データで改革を。
    • 人材管理

    • Twitterでシェア
    • Facebookでシェア
    • はてなブックマークでシェア

    HR大学 編集部

    HR大学は、タレントマネジメントシステム・従業員エクスペリエンスクラウドを提供するHRBrainが運営する、人事評価や目標管理などの情報をお伝えするメディアです。難しく感じられがちな人事を「やさしく学べる」メディアを目指します。

    • 顧客満足度No.1のタレントマネジメントシステム、HRBrain
    • image-employee-experience

    おすすめ記事