人事をやさしく学ぶメディア

HR大学

人材管理

適材適所を実現する「人材配置」とは?実践的な方法とポイントを人事目線で解説

人材配置の最適化と必要なこと

適材適所を実現する「人材配置」とは?実践的な方法とポイントを人事目線で解説

目次

    人材配置の最適化は、従業員を適材適所に配置するマネジメント方法の1つです。

    働き方や組織として在り方が、徐々に変化しつつあるため、人材配置の重要性が改めて注目されています。人材配置を最適化する事でどのような効果があるのか、実践的な方法とポイントをご紹介します。

    人材配置とは?

    人材配置とは

    人材配置の意味/定義や種類・目的、人材配置とよく似た類義語との違いを解説します。

    人材配置の意味/定義

    人材配置とは従業員のスキルや適性・キャリアなどを踏まえて適材適所に異動/配置する人事マネジメント方法を指します。組織の活性化/成長・業務効率化、人材育成/能力開発が目的です。

    人材配置の種類として「採用・昇格・降格・解雇」などヒトの再分配に関わるマネジメント全般を指します。

    人員配置と人員調整との違いとは

    人材配置と似た言葉として「人員配置」と「人員調整」があります。はっきりとした違いや定義はありませんが、どちらも従業員の再分配に関わる意味を持っています。

    人材配置の最適化による効果

    人材配置の最適化の効果

    人材配置の最適化でどんな効果・メリットがあるのか解説します。

    生産性の向上と業務効率化

    人材配置の最適化により、業務を効率良く回せるため生産性の向上が期待できます。一方、業務と人材のバランスが崩壊する明らかな経験/スキル不足やミスマッチによる配置は、業務の流れを低下させ人間関係の軋轢を引き起こすリスクがあります。生産性が向上すれば、非効率な作業によるストレス軽減やメンタルヘルス対策としても有効です。

    組織全体の活性化

    人材配置の適正化は、従業員が最も活躍できる働き方や場所が提供されるため組織全体に活気をもたらします。

    もし生産性が低下している部署/チームがあれば、ヒアリングのもと人材配置を打診しましょう。「今の人材配置はベストな状態か?」と、常に最適な人材配置を意識すればマンネリ化や属人化を防ぎ、組織全体の若返り効果も期待できます。

    人材配置の前後には関連部署へのフォローアップを行い、定期的な見直しが望ましいでしょう。

    コスト削減

    人材配置の最適化は、人件費や経費などのコスト削減に繋がります。なぜなら最適な人材配置は従業員満足度も高くなるため、定着率が上がります。人材が退職せず定着し組織に貢献すれば、従業員にかける人件費や経費を費用対効果面で回収しやすいでしょう。

    例えば、従業員1名の採用費用が100万円であり給与が月給35万円だとします。

    入社後3カ月で退職すれば、採用費用100万円+給与3ヶ月分×35万円なので合計で205万円分の費用が発生します。新入社員研修やデスクやパソコンなどの備品、入社手続きにかけた分の人件費や、退職した従業員分の人員補充を考慮するとさらに金額は大きくなるでしょう。

    最適な人材配置は早期退職を防止し、人件費ロスや業務効率によるコスト削減に繋がります。

    人材配置を最適化するには

    人材配置を最適化するには

    適材適所な人材配置をする為に人事がやるべきポイントを解説します。

    配置図/組織図を作成する

    配置図や組織図を活用し、組織の全体像を把握します。本社・各地点の営業所・部門/部署と細部に至るまで、担当業務の内容と役割や権限・求めるスキル/経験、資格や人物像を洗い出しましょう。

    組織全体の役割を客観的に見た上で人材配置を決めれば、従業員の納得感も高まります。

    PDCAサイクルを回す

    人材配置後はPDCAサイクルが必要です。定期的に従業員の状況や実績を確認し、効果が薄ければ人材の再配置を検討します。実績を確認しやすい目標設定では1カ月・6カ月・1年と区切り、進捗状況をヒアリングしましょう。

    ただし、ヒアリングやフォローアップの担当者は上司1名だけではなく、部署の責任者や人事担当者など多角的な視点で確認します。評価の偏りや属人化を防ぎ、幅広い観点から従業員を公正に評価できるでしょう。

    従業員の状況を確認する方法として、従業員に簡単なアンケート形式で答えてもらうパルスサーベイを実施する企業が増えています。

    最近話題のパルスサーベイについて、基本・導入方法について詳しく知りたい方は 「【事例あり】パルスサーベイとは?目的から実施・活用のポイントまで」をご確認ください。

    システムを活用する

    人材配置の適正化のためには、目標と評価制度の明確化が必要です。従業員のデータを効率的に管理する方法に人事管理システムを導入する企業が増えてきています。

    紙やExcel・スプレットシートでの管理だと、最新情報を共有できない・個人情報の取り扱いが不安・容量が重く開きづらいなど従業員の数が多いほど、管理が難しいためです。

    HRBrainの人材管理システムなら、目標・評価管理のプロセスを「効率化」「見える化」できます。組織図の作成が簡単にできるため、最適な人材配置ができるでしょう。さらにヒアリング/面談時の内容や目標管理・マネジメント業務をクラウドで一元的に管理できるため、人事業務の効率化が期待できます。

    「どのくらいの規模で使い始めるべきか」「本当に必要か確かめたい」など、まとめた資料をお作りしました。

    ご希望あればメールにて、無料でお送り致します。また、Web会議によるご説明が可能です。 人事評価システムを使うべき3つの理由より、お気軽にお問い合わせください。

    大企業の人材配置に役立つポイント

    人材配置のポイント

    人材配置は重要なマネジメントの1つですが、組織・関連部署、従業員との綿密な擦り合わせが必要なため最適な配置は難しいものです。とくに大企業は、従業員の人数が多いため困難を極めるでしょう。大企業向けに人材配置で役立つ施策やポイントを解説します。

    ピープルアナリティクスを活用する

    従業員に関する情報を、人材データベースとして構築・分析するのがピープルアナリティクスです。GoogleをはじめIT企業の多くが、ピープルアナリティクスを人事業務に活用しています。

    ピープルアナリティクスを活用すれば従業員の性格検査やSPI結果・スキルデータやモチベーションデータを分析できるので、適材適所な人材配置が可能になるでしょう。

    ピープルアナリティクスの導入方法やメリットについて、さらに詳しく知りたい方は 「ピープルアナリティクス~Googleが注目する人事の問題解決手法~」をご確認ください。

    後継者問題への対策をする

    人材配置は一般社員だけではなく、事業後継者への配置/育成も必ず対策しなければなりません。大企業は規模が大きい分、突然の後継者変更による組織全体の混乱へと陥りやすいからです。

    組織の持続的成長のために、後継者問題は必ず解決すべき経営課題の1つと言えるでしょう。人材配置を検討する際は、後継者問題の対策も視野に入れてください。

    後継者問題を解決する方法として、サクセッションプランを実施する企業が増えています。事業の後継者を経営層主導のもと最適な人材配置で育成する長期的な施策です。

    大企業におけるサクセッションプランの事例や導入方法について、さらに詳しく知りたい方は 「サクセッションプランとは?事例・導入方法から便利ツールまで解説」をご確認ください。

    戦略人事を見つめ直す

    事業実現のために人事施策を行う、戦略人事を見つめ直しましょう。人材配置は「ヒト」のマネジメントですが、そのヒトが使うのは「モノ」「カネ」「情報」と言った経営資源です。

    つまり人材配置の根本は戦略人事と同じく「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」を最大限活用するマネジメントと関連します。戦略人事のように戦略的で幅広い視点が、人材配置の最適化に有効でしょう。

    戦略人事に必要な機能と立て方・必要な事について、さらに詳しく知りたい方は 「【人事部必見】「戦略人事」とは?経営戦略を実現する人事を徹底解説します」をご確認ください。

    人材配置の最適化は組織を活性化させる

    「人材配置」の意味や効果、最適化する施策や役立つポイントについて解説しました。人材配置とは組織戦略の実現のために、従業員を異動/配置する人事マネジメント方法です。

    人材配置の適正化は、組織の活性化やモチベーション向上に伴う生産性の改善、余分なコスト削減などに効果があります。withコロナ・ニューノーマル時代の今だからこそ従業員1人1人が一枚岩となって、最大限のパフォーマンスを引き出す必要があります。

    人材配置の最適化を実現するためには、従業員の適性や経験を関連部署に情報共有できるよう、人事データを適切に管理しなければなりません。

    HRBrainは従業員データを始め、人材管理・評価制度を活用し、組織の確かな成長につなげる人事評価クラウドです。HRBrainは、従業員の目標設定から評価までのオペレーションの全てをクラウド上のソフトウエアで効率化するサービスです。MBOやOKR、1on1などの最新のマネジメント手法をカンタン・シンプルに運用することができます。

    「従業員を適切に人材配置できるよう普段から人事管理を徹底したい」

    「配置後の従業員の様子が一元的に管理できるよう、現場部署や経営層とスムーズな情報共有をしたい」

    「そろそろ人事制度を整備したいが大変だし、誰に相談したらいいか分からない」

    このような悩みをHRBrainで解決できます!無料トライアル実施中!ぜひお試しください!

    HR大学 編集部

    HR大学は、人事評価クラウドのHRBrainが運営する、人事評価や目標管理などの情報をお伝えするメディアです。難しく感じられがちな人事を「やさしく学べる」メディアを目指します。

      関連記事

      おすすめ記事