人事をやさしく学ぶメディア

HR大学

人事用語

【基礎編】モラールサーベイとは?メリット、活用方法を解説

モラールサーベイの活用方法

【基礎編】モラールサーベイとは?メリット、活用方法を解説

目次

    企業が経営目標を達成できるかどうかは、社員一人一人の働きにかかっています。社員のパフォーマンスにどのような要素が影響するか調査する方法に、モラールサーベイがあります。今回は、モラールサーベイのメリット、活用方法や活用の注意点、ポイントを解説します。

    モラールサーベイとは

    まずは、モラールサーベイとはどんなものなのか、一般的な定義と誕生の背景を見ていきます。

    モラールサーベイとは

    モラールサーベイの一般的な定義

    モラールサーベイは、年に1回~数カ月に1度、社員のモラールを測定するために実施されます。

    モラールとは、フランス語で「士気」「意欲」と訳され、組織として目的を達成しようとする意欲、態度を意味します。

    経営目標達成には社員のパフォーマンス向上が必要です。その社員のパフォーマンスに、どのような要素が影響しているか、事実情報を集めるために使用されます。

    モラールサーベイ誕生の背景

    モラールサーベイは、第二次世界大戦時に、アメリカで軍隊の士気高揚を目的に作り出され、戦後、それが産業界に普及しました。

    日本では、1955年に 社団法人日本労務研究会が、社員のパフォーマンス向上に影響する要素を明らかにするため考案したNRK方式が始まりです。

    現在では、多くの企業に普及しています。

    他のサーベイとの比較・違い

    他サーベイとの比較

    モラールサーベイと調査方法が似ているものに従業員サーベイなど他のサーベイや社員満足度調査があります。それぞれの用途を比較することで、モラルサーベイとの違いを説明します。

    従業員サーベイ

    調査の頻度は、モラールサーベイ同様に年に1回~数カ月に1度、実施されます。

    社内の人事制度や就業規則を改定する際、人事が仮説として立てた課題を検証するための事実情報を収集するのが用途です。

    従業員サーベイについて詳しく知りたい方は「 【基礎編】従業員サーベイとは?メリット・デメリットと実施時の注意点を解説」をご覧ください。

    組織サーベイ

    調査の頻度は、年に1回~数カ月に1度、実施されます。

    経営目標達成のため、各組織のチームマネジメントが機能しているか、事実情報を収集するのが用途です。

    組織サーベイについて詳しく知りたい方は「 【人事必見】データドリブン人事(HR)の導入方法・成功ポイント・事例とは?」をお読みください。

    パルスサーベイ

    調査の頻度は、1~5分程度で回答できる簡単な質問を、毎日・週1・月1と定期的に実施します。

    社員満足度向上の施策を打つために、リアルタイムで社員の意識・状態を把握するのが用途です。

    パルスサーベイについて詳しく知りたい方は「 【事例あり】パルスサーベイとは?目的から実施・活用のポイントまで」をお読みください。

    エンゲージメントサーベイ

    調査の頻度は、モラールサーベイ同様に年に1回~数カ月に1度、実施されます。

    社員の仕事に対するモチベーションを向上させるために、現状を把握するのが用途です。  

    エンゲージメントサーベイについて詳しく知りたい方は「 エンゲージメントサーベイとは?種類・有用性・分析方法を解説」をご覧ください。

    社内満足度調査(アンケート)

    調査の頻度は、モラールサーベイ同様に年に1回~数カ月に1度、実施されます。

    職場環境の改善や、福利厚生の施策検討のために、社員の満足度を把握する用途があります。  

    以上の比較を踏まえると、モラールサーベイとは、経営目標達成を目指し、社員のパフォーマンスを向上させることに特化した調査であると言えます。

    なぜ、モラールサーベイが必要か?

    モラールサーベイが必要な理由

    モラールは、組織として目的を達成しようとする意欲、態度のことです。モラールの向上は、社員のパフォーマンス向上に、ひいては組織力の強化につながります。組織力が強化されれば、経営目標の達成に近づきます。

    ここでは、この組織力の強化に着眼して、以下三つの観点から、モラールサーベイの必要性を見ていきます。

    社員に経営への参画意識を持たせる

    モラールサーベイを実施することで、会社の経営や組織運営に社員の声を反映する姿勢を社内に示すことができます。

    社員の経営や組織運営に参画する意識が高まり、組織力の強化につながります。

    最適な人材配置、役職登用を実現できる

    モラールサーベイを実施することで、職場での働きがいや、経営・組織運営に対する社員の思いを確認できます。

    その実施結果に基づき、社員の適性に合った組織への配置や役職への登用が可能になります。企業全体の組織力強化につながります。

    組織の問題点を把握できる

    モラールサーベイを実施することで、企業の組織運営に対して、組織に属する社員の満足度や問題意識を把握できます。

    企業は、把握した問題点を踏まえ、定期的な組織改編を実施することが可能になります。

    【注意点】プライバシー保護について

    プライバシー保護

    モラールサーベイを実施する際、社員は、プライバシーが保護されるかを気にします。この点を疎かにしたまま、実施すると、社員の本音を引き出せず、パフォーマンス向上につながる情報を得ることができません。ここでは、プライバシー保護の観点から、モラールサーベイ実施の注意点を説明します。

    実施方法を検討する

    プライバシー保護のため、回答を匿名方式にしたり、回答内容が社内の誰にも知られないよう、外部機関のサーベイを利用すること等が考えられます。

    情報の運用・管理方法を検討する

    サーベイを社内で実施する場合、サーベイの運用・管理方法を事前に検討することが必要です。

    例えば、社員の回答を閲覧できる者を限定したり、そもそも誰が回答したか分からないよう回答内容・回収方法を工夫することが考えられます。

    社員に事前に説明する

    社員の本音を引き出すためには、社員が安心して回答できる環境を事前に整備する必要があります。

    その為にも実施前の説明は重要です。 社員に対し、サーベイ実施の目的と合わせて、事前に検討した実施方式や情報の運用・管理方法を入念に説明しましょう。

    モラールサーベイのメリット、デメリットとは

    モラールサーベイのメリット、デメリット

    モラールサーベイを社員のパフォーマンス向上につなげるためには、サーベイの特徴を理解する必要があります。ここではメリット、デメリットを取り上げます。

    モラールサーベイのメリット

    • 企業の業績向上に貢献する
    • 社員の定着率の向上につながる

    モラールサーベイのデメリット

    • 実施にコストがかかる
    • 社員の不満が増大する

    モラールサーベイ実施に当たっては、経営・組織の課題に企業として、本気で取り組む覚悟を持つことが求められます。

    モラールサーベイ活用のポイント

    サーベイの活用ポイント

    モラールサーベイを社員のパフォーマンス向上につなげるために、活用のポイントについて説明します。

    社員が本気で回答するために目的を明確にする 

    実施の目的を言語化し、事前に社員に説明することで、社員が本気で回答に向き合おうという姿勢を作り出すことができます。

    例えば、企業内でチャレンジ風土を醸成するために、今までより高い経営目標を設定したとします。

    これについて社員の思いを確認したいと社内に明言した上でサーベイを実施すると、社員から本音・本気の回答を集めることができます。

    サーベイの結果を分析することにより、経営・組織の課題を明確にでき、その課題に手を打つことで、社員のパフォーマンス向上につながります。

    本音を引き出すためにプライバシー保護に留意する

    先にも述べましたが、社員から本音を引き出すためにも、回答は匿名方式にした方がよいでしょう。

    回答内容、回収方法を事前に検討し、社員に示すことで、安心して回答してもらう環境を整備することが、重要です。

    変化を知るために継続して実施する

    モラールサーベイは継続して、最低でも1年に1回実施して、結果を分析する必要があります。

    単発・不定期に実施すると、経営・組織の課題の取り組み状況に対して社員の思いの変化を捉えることができません。

    社員の思いの変化を捉え、パフォーマンス向上につなげるためにも、改善意識を絶やさず持って、実施を継続することが重要です。

    モラールサーベイを有効に活用し、社員のパフォーマンスを向上させる

    モラールサーベイとは、年に1回~数カ月に1度、社員のモラールを測定するために実施される調査です。

    モラールは、組織として目的を達成しようとする意欲、態度のことです。

    モラールの向上は、社員のパフォーマンス向上に、ひいては組織力の強化につながります。組織力が強化されれば、経営目標の達成に近づきます。

    社員のパフォーマンス向上につながる事実情報を集めるために、モラールサーベイは有効な調査方法といえるでしょう。

    HRBrainは、従業員の目標設定から評価までのオペレーションの全てをクラウド上のソフトウエアで効率化するサービスです。MBOやOKR、1on1などの最新のマネジメント手法をカンタン・シンプルに運用することができます。

    「そろそろ人事制度を整備したいが大変だし、誰に相談したらいいか分からない・・」
    「もっと目標意識を高めて、メンバーに自発的に成長をして欲しい・・」
    「管理作業に時間・工数が掛かりすぎる。無駄な業務に時間を割きたくない・・」

    このような悩みをHRBrainで解決できます!

    無料トライアル実施中!ぜひお試しください!

    HR大学 編集部

    HR大学は、人事評価クラウドのHRBrainが運営する、人事評価や目標管理などの情報をお伝えするメディアです。難しく感じられがちな人事を「やさしく学べる」メディアを目指します。

      開催予定のオンラインセミナー

        おすすめ記事