人事をやさしく学ぶメディア

HR大学

人事評価

1on1は意味ない?1on1が無駄になる理由と意味ある1on1にするポイント

1on1は意味ない?無駄になる理由と対策

1on1は意味ない?1on1が無駄になる理由と意味ある1on1にするポイント

目次

    意味ある1on1には多くのメリットがありますが、意味ない1on1にはデメリットしかありません。意味ない1on1を続けていると、話すことがない、やめたい、無駄、嫌い、と思われてしまいます。今回は1on1が無駄になる理由と話すことがないときの対策を解説します。

    1on1が無駄になってしまう理由

    1on1が無駄になる理由

    1on1ミーティングをやっても意味がない」こう思っている従業員は少なくないのではないでしょうか。元々は目的をもって始めたはずの1on1が、なぜ無駄になってしまうのでしょうか?まずはじめに1on1が無駄になってしまう理由を解説していきます。

    1on1の目的を理解していない 

    何のために1on1ミーティングをするのか、その目的を理解せずに1on1を実施している場合があります。目的を持たない1on1は意味のない雑談に陥りがちです。上司も部下も1on1の目的を認識し、共有した状態で1on1をしなければいけません。

    そもそも1on1について詳しく知りたい方は「 1on1とは? 従来の面談との違いや効果を高めるコツ」をご確認ください。

    1on1の優先度が低い

    通常の業務が忙しいという理由で、1on1の優先度を下げてしまうことがあります。優先度を下げた結果、実施しなかったり、実施してもその内容が適当になってしまい、意味のない1on1になってしまうパターンです。また、意味のない1on1を繰り返してしまうことで、優先度はどんどんと下がってしまう可能性が高く、1on1施策自体が失敗に終わってしまう可能性もあります。

    1on1で話すことがない 

    1on1で話すことがない状態になってしまう場合があります。実際に1on1を始める時になってから何を話すか考え始めると「話すことがない」となりがちです。話すことがない状態では、呼ばれた部下としては、何のための時間なのかわからず、意味を感じない時間となってしまいます。

    上司から一方的に話す場になってしまう 

    上司から一方的に話す場になってしまい、対話になっていない場合があります。1on1とは、部下と上司の対話の場です。1on1の目的を認識している部下からすると、一方的に話を聞く状態では意味のない1on1に感じてしまいます。また、一方的な会話は評価面談のようにも感じられ、実施を望まない場になる可能性も高いでしょう。

    意味ない1on1のデメリット

    意味ない1on1のデメリット

    意味ない 1on1になってしまうとメリットどころか多くのデメリットが発生し、円滑な組織運営やマネジメントの障壁となってしまいます。ここでは意味ない1on1を実施してしまった場合に起きるデメリットを4つ紹介します。

    時間が無駄になる

    わかりやすいデメリットとしては1on1のために確保した時間が無駄になってしまうことでしょう。部下と上司、2人分の時間とその分の人件費が無駄になります。また、通常業務で忙しい合間を縫って1on1のための時間を設けたのに無駄にしてしまっては、その後の1on1にも良い影響を及ぼしません。

    上司と部下の関係が悪くなる

    意味のない1on1をやることによって、部下が上司のマネジメント能力などに対する不信感を抱き、上司と部下の関係が悪くなる恐れがあります。マネジメント能力の低い上司だと思われてしまうと、円滑な組織運営ができず、チームの生産性が下がる可能性もあります。

    業務改善や人材育成に繋がらない 

    1on1の目的である業務改善や人材育成につながらないこともデメリットの1つです。本来の1on1は部下の育成や、組織の生産性向上、業務改善などが目的になりますが、意味のない1on1をやってしまうとこれらの目的を達成することはできなくなります。当初の目的達成ができず、1on1施策を失敗として辞めてしまうことにもつながるでしょう。

    社員が1on1を嫌い・やめたいと思うようになる 

    部下にとって意味を感じない1on1を続けていると、当然やる必要性を感じなくなり「1on1が嫌い」「1on1をやめたい」と思うようになりかねません。いま実施している1on1が、上司から一方的に話す場になっていないか、部下にとってもメリットのある1on1になっているかを考えながら実施する必要があります。

    意味ある1on1のメリット

    意味ある1on1のメリット

    意味ない 1on1にデメリットがある一方で意味ある1on1にはどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは意味ある1on1を実施したときに得られるメリットを4つ紹介します。

    相互理解につながる 

    意味のある1on1は部下と上司の相互理解につながります。プライベートに関する話題や、仕事に対する想いをお互いに話し合うことで、相手の個性や特徴をより深く知ることができます。相互理解を深めることで、普段の仕事も円滑に進むようになり、適材適所のマネジメントにもつながります。

    部下の育成につながる 

    意味ある1on1によって、部下の育成を効率よく行うことが可能です。1on1で部下の課題を聞き出し、対話によって解決策に至るヒントを与えることで、問題解決能力の向上が期待できます。また、話すテーマによっては自律型人材への育成や、長期的なキャリア形成のバックアップなどにもつながります。

    上司のマネジメントに対する評価が得られる 

    部下にとって価値の高い意味ある1on1は上司のマネジメント能力の高さを認識し、高い評価につながります。部下は1on1の場での話し方や、1on1を通して得た部下の情報を基にした組織での仕事の進め方などからマネジメント能力の高さをうかがい知ることができます。1on1の場を活用し、自身の成長にもつなげていきましょう。

    離職率の低下が見込める

    意味ある1on1を行うことで未然に離職を防ぐことが可能です。短い期間で部下と対話を繰り返すことで、部下の変化や不満などを察知することができます。その変化や不満に対して、機動的に対応することで組織へのエンゲージメント向上が期待でき、離職率低下につながります。

    意味ある1on1にするポイント

    意味ある1on1にするポイント

    意味ある 1on1を実施することと意味ない1on1を実施することとでは、得られる効果に大きな差があります。それではどうすれば意味ある1on1を実施することができるのでしょうか。ここでは意味ある1on1にするポイントを解説します。

    1on1をやる目的を考え共有する 

    まずは1on1をなぜ行うのか、その目的を考えて上司と部下で共有しましょう。1on1ミーティングの場の目的をお互いに理解することで、目的を達成するためにはお互いがどういうアクションを取ればいいのかが自ずと見えてきます。お互いに認識することも重要なポイントです。上司だけが目的を意識し1on1をしても、目的を押し付けた一方的な会話になる可能性があります。部下と目的を共有することで、有意義な対話を重ね、意味ある1on1にすることができるでしょう。

    また、1on1の目的について詳しく知りたい方は「 コミュニケーションを円滑にする1on1ミーティング活用法を解説!」をご確認ください。

    1on1で話すことを事前に決める

    1on1ミーティングが始まってから「話すことがない」ということにならないように、前もって話す内容は決めてから1on1に臨みましょう。1on1で話すテーマは目的別に4つあります。

    • 相互理解を進める
    • 部下の育成
    • チーム力を上げる
    • 戦略の共有

    これらのテーマからその時話すべき最適なテーマを選択しましょう。選択したテーマを事前にアジェンダとしてまとめて共有することで、1on1を意味ある対話の場にしていきましょう。

    ティーチングだけではなく、コーチングをする 

    1on1の目的である人材育成を達成するために効果的なのが、コーチングです。答えを直接教えるティーチングと異なり、自ら解決策を考えだしたり、実際に行動を促すものがコーチングです。部下の課題解決能力や自主性の向上を狙うのであれば、ティーチングだけでなく、積極的にコーチングを活用することが重要です。しかし、新卒社員などまだ習熟度が低い場合にはティーチングも織り交ぜながら、1on1を行いましょう。

    1on1のスキルを高める研修を行う 

    はじめから高い1on1スキルを持っている上司は多くはないのではないでしょうか。意味ある1on1を実施するためには複数のスキルを高めることが重要です。いくつか例を上げると、

    • コーチングスキル
    • コミュニケーションスキル
    • 人材育成スキル

    などのスキルが必要になります。1on1を実施することが決まったのであれば、1on1を行う上司にこれらのスキルを習得させるために、人事主導で上司に対する研修を行いましょう。

    【まとめ】意味ある1on1の運用で、育成をカンタン・シンプルに

    今回は意味ない1on1になってしまう理由から意味ある1on1にするためのポイントまでを解説してきました。意味ない1on1はメリットが得られるどころかデメリットが大きく、従業員や組織に悪影響を与えかねません。意味ある1on1にするためにポイントを押さえましょう。

    HRBrainは、従業員の目標設定から評価までのオペレーションの全てをクラウド上のソフトウエアで効率化するサービスです。MBOやOKR、1on1などの最新のマネジメント手法をカンタン・シンプルに運用することができます。

    「1on1の実施結果を一か所に蓄積して今後に活かせるシステムを構築したい・・」
    「1on1が属人化してしまっているので改善したい・・」
    「人材育成につながる1on1を運用したい・・」

    このような悩みをHRBrainで解決できます!
    無料トライアル実施中!ぜひお試しください!

    HR大学 編集部

    HR大学は、人事評価クラウドのHRBrainが運営する、人事評価や目標管理などの情報をお伝えするメディアです。難しく感じられがちな人事を「やさしく学べる」メディアを目指します。

      関連記事

        おすすめ記事