#人材育成
2024/07/08

協調性とは?意味や高める方法とある人とない人の特徴をわかりやすく解説

目次

協調性とは、異なる立場や意見を持つ人たちと円滑にコミュニケーションを取り、協力しながら共通の目標に向かって行動できる能力のことです。

現代社会では、個々の能力だけでなく、他者と協力し合う力である「協調性」がますます重要視されています。

また協調性は、ビジネスの現場だけでなく、家庭やコミュニティなど、あらゆる場面で欠かせないものとなっています。

この記事では、協調性の意味、協調性とコミュニケーション能力の違い、協調性の仕事での強み、協調性がある人とない人の特徴についてわかりやすく解説します。

協調性を引き出すタレントマネジメント

協調性とは

協調性とは、異なる立場や意見を持つ人たちと円滑にコミュニケーションを取り、協力しながら共通の目標に向かって行動できる能力のことです。

協調性が高い人は、周囲の意見を的確に察知し、利害や立場が異なる人とも互いに協力して物事を遂行することができるため、特にチームで協力して目標を達成する際に重要な能力です。

協調性は、企業などの組織で働くうえで非常に重要であり、他者の手助けや意見を尊重したりなど、チームワークを重視する姿勢を持つ人が、協調性の高い人と言えます。

▼「チームワーク」についてさらに詳しく
チームワークとは?仕事での意味や高めるためのポイントについて簡単に解説

協調性とコミュニケーション能力の違い

協調性とコミュニケーション能力は、どちらも人間関係や職場での成功に重要ですが、異なる側面を持つ能力です。

協調性とは、異なる立場や意見を持つ人たちと円滑にコミュニケーションを取り、協力しながら共通の目標に向かって行動できる能力のことです。

コミュニケーション能力とは、情報や意見を他者に効果的に伝え、理解し受け取る能力です。

優れたコミュニケーション能力を持つ人は、明確で適切な表現を使い、相手の話をよく聞き、質問やフィードバックを通じて意思疎通を図ります。

コミュニケーション能力は、情報共有や問題解決、関係構築において欠かせないものです。

つまり、協調性は共に働くための「調整力」であり、コミュニケーション能力は意思疎通の「技術」です。

協調性とコミュニケーション能力は、相互に補完し合い、効果的なチームワークや良好な人間関係を築くために必要不可欠です。

▼「フィードバック」についてさらに詳しく
フィードバックとは?意味や効果と適切な実施方法をわかりやすく解説

協調性が仕事で重要な理由

現代の職場では、個々の能力に加えてチームワークが不可欠です。

協調性が仕事で重要な理由について確認してみましょう。

協調性が仕事で重要な理由

  • チームワークの向上

  • コミュニケーションの促進

  • 問題解決能力の向上

  • 職場の環境改善

チームワークの向上

協調性が仕事で重要な理由として、「チームワークの向上」があげられます。

協調性があると、チームメンバー間で助け合いが生まれます。

メンバーはお互いの強みを活かし合い、個々のスキルや知識を集約して、共同で目標に向かって効率的に作業を進めることができます。

例えば、1人のメンバーが困難に直面した際に、他のメンバーが支援し、解決策を共に考えることで、問題解決のスピードが加速します。

また、協調性があるチームは、コミュニケーションが円滑で、意思決定がスムーズに行われるため、プロジェクトの進行が円滑になります。

さらに、メンバー同士が信頼関係を築いている場合、互いのアイデアや提案を積極的に受け入れ、より創造的で効果的な解決策が生まれ、チーム全体のパフォーマンスが向上し、結果的に組織の目標達成に貢献します。

コミュニケーションの促進

協調性が仕事で重要な理由として、「コミュニケーションの促進」があげられます。

協調性があると、チームメンバー間の意見交換やアイデア共有が円滑に行われます。

また、メンバーが互いの視点や考え方を尊重し合うことで、誤解や衝突を避け、より建設的な議論が可能になります。

さらに協調性が高いチームでは、メンバーの心理的安全性が確保されているため、開かれた気持ちで意見を述べることができ、新しいアイデアやアプローチを積極的に取り入れることができます。

そして、問題解決やプロジェクトの進行が効率的になり、成果を上げやすくなることから早く目標を達成することができます。

さらに、協調性のある環境では、メンバー同士の信頼関係が築かれ、チーム全体の結束力が強化されるため、組織の生産性や成果が向上し、持続可能な成功をもたらす要因となります。

▼「心理的安全性」についてさらに詳しく
心理的安全性とは?高い職場の作り方と取り組み事例をわかりやすく解説

▼「生産性」についてさらに詳しく
生産性とは?意味や向上させる方法と高めるための施策事例を解説

問題解決能力の向上

協調性が仕事で重要な理由として、「問題解決能力の向上」があげられます。

協調性がある複数の人が協力することで、さまざまな視点やスキルが組み合わされ、複雑な問題に対してより効果的な解決策を見出すことができるようになります。

例えば、異なるバックグラウンドや専門知識を持つチームメンバーが協力することで、問題の多面的な分析が可能になり、新たなアプローチや斬新なアイデアが生まれることがあります。

さらに、協力することでメンバー間の信頼関係が深まり、コミュニケーションが円滑になることから、意見の交換が促進され意思決定がスムーズに行われるようになります。

また、協力の過程でメンバーはお互いの強みを認識し合い、役割分担が効果的に行われるため、作業の効率化も図れます。

協調性が高い組織では、協力によってチームの能力が最大限に発揮され、複雑な課題にも柔軟かつ効果的に対応することができるようになります。

職場の環境改善

協調性が仕事で重要な理由として、「職場の環境改善」があげられます。

協調性が高い職場では、従業員同士が互いを尊重し、協力して業務に取り組むため、働きやすくストレスが少ない環境が築かれます。

働きやすくストレスが少ない環境は、従業員の満足度を高め、仕事に対してより積極的で満足感を持つことにつながります。

さらに、協調性が高い職場では、社内の協調的な雰囲気が外部にも広がり、企業のイメージや魅力を高める効果も期待できます。

従業員が良好な環境で働けるようになることで、離職率が低下し、人材の定着率が向上することもあります。

協調性が職場環境の改善に重要な役割を果たし、組織全体の健全な成長と発展に寄与しているのです。

▼「職場環境の改善」についてさらに詳しく
職場環境の改善方法とは?具体例と良くするために大切なことについて解説

▼「従業員満足度」についてさらに詳しく
従業員満足度(ES)とは?満足度構造や向上のための企業の取り組みを解説

▼「離職防止」についてさらに詳しく
離職防止に効果的な施策9つ!離職の原因とその影響も解説
離職防止に向けて必要な考え方とは?離職防止の企業の成功事例も紹介!

▼「定着率」についてさらに詳しく
定着率とは?計算方法や定着率が高い企業の特徴と上げる方法を解説

原因と対策を考える
⇒「若手の離職を防ぐためには」資料ダウンロード

協調性がある人の特徴

協調性がある人は、チームワークを重視し、他者と協力して目標達成に向けて積極的に働くため、企業の発展や事業成長には不可欠です。

では、協調性がある人の特徴とは具体的にどのようなものなのでしょうか?

協調性がある人の特徴を4つに分けて確認してみましょう。

協調性がある人の特徴

  1. 傾聴ができる
  2. 柔軟性がある
  3. チーム志向がある
  4. 問題解決能力がある

傾聴ができる

協調性がある人の特徴の1つ目は、「傾聴ができる」ことです。

協調性がある人は、他人の意見や考えを積極的に聞き、理解しようとする姿勢があります。

また、協調性がある人は単に他者へ耳を傾けるだけでなく、相手の視点や背景を考慮して意見を受け入れ、尊重することができ、相手のニーズや感情に敏感に対応することができるため、信頼関係を築くことができます。

さらに、協調性のある人は自ら率先して協力し、チーム全体の目標達成に向けて積極的に貢献します。

議論や意見交換を通じて、新たなアイデアや解決策を引き出し、チームの創造性と効率性を高める一助となり、変化や挑戦にも柔軟に対応し、チームの調和を保ちながら、組織全体の成長と成功に寄与することができるのです。

▼「傾聴」についてさらに詳しく
傾聴とは?目的と効果やビジネスでの傾聴力の使い方についてわかりやすく解説

柔軟性がある

協調性がある人の特徴の2つ目は、「柔軟性がある」ことです。

協調性がある人は、異なる意見やアプローチを受け入れ、自らの視野を広げ、考慮することができます。

さらに、柔軟性と受容性によって、チーム内での意見の多様性を尊重し、より良い決定や解決策を模索することが可能です。

また、協調性のある人は状況や周囲のニーズに敏感で、必要に応じて自らの行動や考え方を調整することができるため、チーム全体の調和を保ちながら、協力して共通の目標に向かって進んで行くことができます。

協調性がある人は対立や緊張を回避し、建設的な関係を築きながら、チームの生産性や効率性を高めることができます。

そして、組織はより円滑に運営され、持続可能な成功を達成するための基盤が築かれます。

チーム志向がある

協調性がある人の特徴の3つ目は、「チーム志向がある」ことです。

協調性がある人は、個人の利益よりもチームの目標や成功を優先させる姿勢があります。

自己中心的な考え方ではなく、チーム全体の利益や成果を重視し行動するため、個人の功績や目立つことよりも、チームの一員としての役割や貢献を意識し努力します。

また、協調性がある人はチームワークを大切にし、他のメンバーとの連携や協力を重視します。

協調性のある人は、自己主張よりもチームの調和と成果を重んじ、組織内での協力関係を築けるため、チームのパフォーマンスの向上や、組織全体の目標達成に寄与することができるのです。

問題解決能力がある

協調性がある人の特徴の4つ目は、「問題解決能力がある」ことです。

協調性がある人は、困難な状況や対立している状況に遭遇しても、冷静に問題を解決するための対策を考え、実行する能力があります。

また、協調性がある人は感情的にならず、客観的な視点から問題を分析し、最適な解決策を模索します。

さらに、異なる立場や意見を持つ人々と協力し、対話と妥協を通じて調和を図り、対立を収束させ、共通の目標に向かって前進するプロセスをリードすることができます。

自己の利益や意見を押し付けるのではなく、チーム全体の利益と調和を優先する姿勢によって、組織やチーム内での信頼を築き、持続可能な関係を構築することができます。

そして、最終的には、問題解決のプロセスをスムーズに進め、組織全体の成長と成功に貢献することができます。

協調性がない人の特徴

協調性がある人とは反対に、協調性がない人も存在します。

では、協調性がない人の特徴とは具体的にどのようなものなのでしょうか?

協調性がない人の特徴を4つに分けて確認してみましょう。

協調性がない人の特徴

  1. 意見を譲れない
  2. 柔軟性がない
  3. コミュニケーションが足りない
  4. 協力ができない

意見を譲れない

協調性がない人の特徴の1つ目は、「意見を譲れない」ことです。

協調性がない人は、自分の意見や利益を他人やチームの利益よりも優先して考える傾向があります。

協調性がない人は自己中心的であり、自分の立場や考えが最も重要であると信じているため、他者の意見や視点を無視したり、軽視したりすることがあります。

また、チームの全体的な成功や調和よりも、自分の個人的な利益を追求する面が多く見られます。

協調性がない人は協力や妥協を嫌い、自分の主張を通そうとする傾向があり、チーム内での摩擦や対立を引き起こし、協力関係や信頼を損なう可能性があります。

さらに、組織全体の目標達成に対する障害となり、効率的な業務遂行を妨げることもあります。

協調性がない人は、チームの一体感や成果に貢献する能力を欠いているため、組織の長期的な成功にとっても潜在的なリスクとなることがあります。

柔軟性がない

協調性がない人の特徴の2つ目は、「柔軟性がない」ことです。

協調性がない人は、異なる意見や新しいアプローチに対して頑固で、自分の方法や考え方を変えることに抵抗を感じる傾向があります。

自分の意見ややり方が最も正しいと信じているため、他者の提案や意見に対しても受け入れることができず、チーム内での議論や意見交換が難しくなり、建設的な共同作業を阻害する場合があります。

さらに、変化や新しいアイデアに対して保守的な姿勢を取る傾向があり、組織が革新的な解決策を探ることを妨げます。

また、個人主義的な態度は、チームの一体感や連帯感を損ない、組織全体のパフォーマンスにも悪影響を与えることがあります。

協調性がない人は、柔軟性や協力性が不足しているため、チームワークにおける障害となる傾向があります。

コミュニケーションが足りない

協調性がない人の特徴の3つ目は、「コミュニケーションが足りない」ことです。

協調性がない人は、他人との意思疎通が難しい場合があります。

必要な情報を適切に共有せず、他者に対して十分な説明を行わない傾向があります。

また、伝え方が不適切で誤解を招く可能性が高いため、チーム内でのコミュニケーションがスムーズに行われず、プロジェクトの進行や意思決定が遅れることがあります。

さらに、協調性がない人は自分の立場や考えを強調し、他者の視点や意見を無視する傾向があるため、チーム全体での協調が阻害され、対立が生じる可能性があります。

協調性がない人は、自己中心的な行動やコミュニケーションの欠如で、チームの一体感や効率性に悪影響を及ぼすことがあり、組織全体の成果にもマイナスの影響を与える可能性があります。

協力ができない

協調性がない人の特徴の4つ目は、「協力ができない」ことです。

協調性がない人は、非協力的な態度だったり他人との共同作業に消極的で、チームの目標達成や利益よりも、個人の目標達成や利益を優先します。

チームメンバーとの協力や意見交換を避け、自分のやり方やスケジュールを重視します。

また、チームの方向性や戦略に対しても無関心で、協調性や共有の精神が欠如しているため、チーム内での連携や調和が損なわれ、成果の最大化や効率の向上が難しくなることがあります。

非協調的な行動は、組織内での協力関係や信頼の構築を阻害し、チームのパフォーマンスや組織全体の成長に悪影響を及ぼす可能性があります。

協調性が高い人の長所や強み

協調性が高い人の長所や仕事での強みについて確認してみましょう。

協調性が高い人の長所や強み

  • チームワークと推進力

  • 柔軟性と適応力

  • 問題解決能力

チームワークと推進力

協調性が高い人の長所や強みとして、「チームワークと推進力がある」ことがあげられます。

協調性が高い人は、チームの一員として積極的に協力し、他のメンバーとの連携を取りながら目標達成に向けて努力します。

協調性が高い人はチーム全体の一体感を高めるだけでなく、リーダーシップを発揮して方向性を示し、メンバー間の連携を促進します。

さらに、自らの意見を主張するだけでなく、他者の意見やアイデアを尊重し取り入れる柔軟性も持ち合わせています。

また、コミュニケーション能力が高く、適切な情報共有や意思疎通を図ることで、チームの課題解決や効率化に貢献します。

さらに、困難な状況においても冷静さを保ち、チーム全体の利益を最優先に考える姿勢があります。

協調性のある人は、チームのモラルを高め、成果を最大化するために不可欠な存在です。

▼「リーダーシップ」についてさらに詳しく
リーダーシップとは?マネジメントとの違いや種類と具体例

柔軟性と適応力

協調性が高い人の長所や強みとして、「柔軟性と適応力がある」ことがあげられます。

協調性がある人は、異なる状況や人々と協力する際に柔軟に対応し、自らの行動や考え方を調整できる柔軟性と適応力を持っています。

新しいアイデアや意見に対して開かれており、状況に応じて自らの立場を柔軟に変えることができるため、チーム内での協力関係を円滑に保ち、チーム全体の目標達成に向けて効果的に貢献します。

また、変化する環境に対しても迅速かつ適切に対応し、チームの成果を最大化するための戦略を共に考えることができます。

柔軟性は、チームや集団が個人に与える影響である「グループダイナミクス」を活性化し、新たな挑戦に対して前向きな姿勢を示します。

さらに、他のメンバーとのコミュニケーションも円滑であり、多様な意見や視点を統合し、チーム全体の知恵を引き出すことができる能力を持っています。

問題解決能力

協調性が高い人の長所や強みとして、「問題解決能力がある」ことがあげられます。

協調性がある人は、対立や課題が生じた際に冷静に対処し、他者と協力して解決策を見つけ出す能力を持っています。

自分の意見だけでなく、チーム全体の意見や視点を尊重し、統合することで最良の解決策を導き出します。

協調性がある人は、チーム内での信頼性が高く、問題解決までのプロセスをスムーズに進めることができます。

また、複雑な状況や厳しい環境下でも冷静さを保ち、前向きな解決方法を見つけ出す能力を発揮します。

その柔軟性と協調性によって、チームのパフォーマンスが向上し、困難な局面でもチーム全体で目標に向かって効果的に取り組むことができます。

協調性を面接で見分ける方法

仕事における協調性はとても大切な要素のため、企業が面接時に協調性を判別したいと考えることは自然なことです。

では、面接時に協調性を見分けるにはどうしたら良いのでしょうか?

協調性を面接で見分ける方法について確認してみましょう。

協調性を面接で見分ける方法

  • チームワークに関する考え方を質問する

  • グループ面接を行う

  • 適性検査を実施する

チームワークに関する考え方を質問する

協調性を面接で見分ける方法として、「チームワークに関する考え方を質問する」ことがあげられます。

応募者がチームワークに対してどのような考えを持っているかを質問します。

例えば、「過去にチームで働いた経験で、特に協力して良かったと感じたことはありますか?」や「チームの中で意見が対立した際にどのように対処しましたか?」など、具体的なエピソードや考え方を聞くことで、候補者の協調性やチームワークに対する姿勢を理解することができます。

グループ面接を行う

協調性を面接で見分ける方法として、「グループ面接を行う」ことがあげられます。

グループ面接は、候補者が実際にチームと協力しながらどのように振る舞うかを観察するために効果的な方法です。

参加者同士の相互作用やリーダーシップの発揮、意見の調整などを見て、協調性やコミュニケーション能力を評価します。

候補者が他者の意見を尊重し、全体の目標に向けて効果的に貢献できるかを判断することが目的です。

適性検査を実施する

協調性を面接で見分ける方法として、「適性検査を実施する」ことがあげられます。

適性検査は、協調性を含むさまざまな職務適性を客観的に評価する手段です。

特にチームプレイやリーダーシップ、コミュニケーションスタイルなどに焦点を当てた検査を通じて、候補者の協調性やチームでの役割を遂行する能力を評価します。

検査結果は面接での印象や実際の行動と照らし合わせることで、より客観的な判断材料となります。

▼「適性検査」についてさらに詳しく
適性検査とは?目的や新卒採用と中途採用での違いや実施タイミングはいつか詳しく解説

協調性を高める人材育成方法

組織の協調性を向上させるためには、協調性を持った人材を増やすことが不可欠です。

協調性とは、自己の利益だけでなく、他者との共同作業においても相手の立場や意見を尊重する能力です。

協調性を高める人材育成方法について確認してみましょう。

協調性を高める人材育成方法

  • 組織文化として推奨する

  • 適切な人事評価制度を実施する

  • チームビルディング研修を実施する

組織文化として推奨する

組織文化が協調性を重んじるように設計されていると、従業員は協力とチームワークを重要視しやすくなります。

リーダーシップや価値観が協調性を育む方向に導くことで、組織全体が一体となって共通の目標に向かいます。

▼「組織文化」についてさらに詳しく
組織文化の作り方は?踏むべきステップと注意点や組織文化の種類も
組織風土と組織文化の違いとは?良い組織にするためのポイントを解説
組織文化の国内外の事例と重要性を紹介

適切な人事評価制度を実施する

協調性を育成するためには、人事評価制度が重要です。

チームワークや他者への支援が評価され、昇進や報酬に反映される仕組みを導入することで、従業員は自然に協調性を高める努力をするようになります。

▼「人事評価制度」についてさらに詳しく
人事評価制度のつくり方 事前に把握しておきたいポイント
人事評価制度を設計するには?課題やポイント、制度設計のいろはを解説
人事評価制度コンサルティングとは?導入メリットや導入方法を紹介


人事評価制度の設計や見直しに

⇒「人事制度設計マニュアル」資料ダウンロード

チームビルディング研修を実施する

チームビルディング研修は、チームメンバー間の信頼関係を築き、コミュニケーション能力を向上させる効果があります。

共同作業や問題解決のシミュレーションを通じて、チームの一体感を醸成し、協調性を促進します。

また、チームワークを高めるために、ゲームを活用することも効果的です。

競争や協力を通じてチームメンバーの相互作用を促進し、楽しみながら協調性を養うことができます。

ゲームを通じてリーダーシップやコミュニケーションのスキルを向上させることも可能です。

▼「チームビルディング」についてさらに詳しく
チームビルディングとは?意味や目的と方法について解説
チームビルディング研修の意味と目的とは?おすすめの研修内容や実施方法について解説
チームビルディングゲームでおすすめのゲーム8個を厳選!研修でチームワークを高める効果的な実施方法

協調性を高めて組織のチームワークを高める

協調性を高めることは、組織のチームワークを強化するための鍵となります。

チームメンバーが協力し合い、互いの違いを尊重しながら共通の目標に向かって進むことで、成果を最大化し、組織全体の効率性が向上します。

協調性が高まれば、コミュニケーションが円滑になり、意思決定もスムーズに行われます。

また、協調性が育まれると、チーム内での信頼関係が深まり、メンバー同士が支え合い、困難に立ち向かう力も強化されます。

組織が協調性を重視し、促進する文化や仕組みを整えることは、持続可能な成長と組織の競争力を強化するために重要な取り組みであると言えます。

「HRBrain タレントマネジメント」は、各従業員の特性を明確にし、組織の協調性向上を促進するために、目標設定や業務進捗、従業員のモチベーション状況などの人材データをシンプルで使いやすいデータ管理で可視化し、効果的なチームマネジメントをサポートします。

さらに、従業員のスキルマップや、これまでの実務経験、育成履歴、異動経験、人事評価などの従業員データの管理と合わせて、OKRなどの目標管理、1on1やフィードバックなどの面談履歴などの一元管理も可能です。

HRBrain タレントマネジメントの特徴

  • 検索性と実用性の高い「データベース構築」を実現

運用途中で項目の見直しが発生しても柔軟に対応できるので安心です。

  • 柔軟な権限設定で最適な人材情報管理を

従業員、上司、管理者それぞれで項目単位の権限設定が可能なので、大切な情報を、最適な状態で管理できます。

  • 人材データの見える化も柔軟で簡単に

データベースの自由度の高さや、データの見える化をより簡単に、ダッシュボードの作成も実務運用を想定しています。

▼「タレントマネジメントシステム」についてさらに詳しく
【完全版】タレントマネジメントとは?基本・実践、導入方法まで解説
タレントマネジメントシステムの課題とは? 目的・導入の課題と成功事例まで

▼「タレントマネジメント」お役立ち資料まとめ
【人事担当者必見】タレントマネジメントに関するお役立ち資料まとめ


HR大学編集部
HR大学 編集部

HR大学は、タレントマネジメントシステム・組織診断サーベイを提供するHRBrainが運営する、人事評価や目標管理などの情報をお伝えするメディアです。難しく感じられがちな人事を「やさしく学べる」メディアを目指します。

\ この記事をシェアする /

  • X
  • LinkedIn

おすすめ記事