HRBrain

HR大学

人材管理

マネジメントの仕事とは?求められるスキルや役立つ手法を紹介!

alt

マネジメントの仕事とは?求められるスキルや役立つ手法を紹介!

目次

    そもそも「マネジメント」とは

    マネジメントとは、日本語で「管理」「経営」と訳されます。ビジネスの世界では一般的に、「組織の経営と発展のために経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)を管理すること」を指します。また、これらの管理責任者を「マネージャー」と呼びます。

    「部下との接し方が分からない」「求められている役割が分からない」など、一般従業員だった頃の状況とは大きく異なり、マネージャーになってから悩む方も多いのではないでしょうか。

    この記事では、「マネージャーの仕事と求められるスキル」について紹介していきたいと思います。マネージャーを任された方へ、ちょっとしたヒントになれば幸いです。

    マネジメントの種類

    マネジメントの種類は大きく分けて3つあります。トップマネジメント・ミドルマネジメント・ロワーマネジメントです。

    • トップマネジメント

    組織全体の舵取りが主な役割です。経営理念・目標・戦略を立て、高い視座で長期的且つ包括的に企業状況を分析し、最終決定を行います。

    いわゆる会長や社長といった「企業代表者1名」で行うイメージを持たれやすいですが、一般的には「最高経営層によるチーム」で行われます。1人にかかる負担軽減のため、また複数の視点が加わることでより冷静な判断が下しやすいためと言われています。

    • ミドルマネジメント

    トップマネジメントを行う経営層の補佐と、ロワーマネジメントを行う現場監督者の指揮を採ることが主な役割です。経営層と現場の架け橋になって経営層の想いを浸透させたり、逆に現場からの声を拾って経営層へ伝達したりします。

    日本では「中間管理職」と呼ばれ、立場が異なる人との関わりが多いことから、高いコミュニケーションスキルが必要となります。

    • ロワーマネジメント

    トップやミドルマネジメント層によって打ち立てられた目標達成のために、現場に最も近い立場として業務の指示や進捗管理を行うことが主な役割です。何か問題が起こった時には、ミドルマネジメント層に速やかに報告し、軌道修正や原因究明などの対応にあたります。

    マネジメント

    マネージャーとリーダーの違いとは?

    マネージャーとリーダー、どちらも「ヒト」を統率する立場の呼び名として使われることが多いですが違いはあるのでしょうか。

    • マネージャー

    チームのパフォーマンスが最大限発揮されるように、役割分担やスキルの見極め、それぞれのタスク進捗状況を管理します。チームが良い形で循環するよう、広い視野で幅広く管理を行います。

    • リーダー

    自らが先頭に立ってチームの道しるべとなります。様々な考えを持つチームのメンバーに、向かうべき方向性を示して足並みを揃えることで、士気を高めて一体感を生み出す役割があります。

    マネージャーはチーム全体を見渡し、時に後方からチームを支え、管理する役割を担いますが、リーダーは先頭でチームを牽引する役割を担います。ただし、企業規模や方針によって両方の役割を1人で担う場合もあります。

    マネージャーの主な仕事

    「ヒト・モノ・カネ・情報」、あらゆるマネジメントを行うマネージャーの仕事は、具体的にどのようなものがあるのか紹介していきます。

    ①経営資源の把握

    マネージャーは「ヒト・モノ・カネ・情報」を管理するために、自分の管理下にどの要素がどのくらいあるのかを把握する必要があります。いわば、「チームの経営者」的な立ち位置として、どこにどれくらいのリソースを割くのか、手元の状況から判断しなければなりません。また、「ヒト」においてはそれぞれがどんなスキルを持っているのか、経験があるのかを把握したうえで役割分担を考える必要があります。

    ②目標設定と管理

    マネージャーは自分の目標だけでなく、チーム全体の目標・チームメンバーの目標について、設定と管理を行います。一方的に目標を課すのではなく、しっかりチームメンバーと話し合ったうえで、経営目標と連動した妥当性のある設定を行う必要があります。また、目標達成に向けた進捗の管理も行います。誤った方向に進んでいる場合は、取るべき行動の軌道修正を促したり、目標自体を見直したりすることもあります。

    ③部下のモチベーション管理

    チームメンバーのパフォーマンスを上げるためのモチベーション管理も行います。「何のためにやるのか」「どういう強みを活かしてほしいのか」など、丁寧に説明して行動の動機づけを行います。そのため、日頃からメンバーひとりひとりの強みやスキルを把握しておくことが必要で、それぞれの持ち味が活かせる業務配分を考えます。

    ④評価とフィードバックから育成につなげる

    マネージャーは、各メンバーのこれまでの行動を振り返り、「どの行動がどの結果に結びついたか」を分析して、良かった点と改善点を示します。改善点は、次のターンで克服できるように解決策を示したり、メンバー自身の「気づき」が必要な場合には、解決できるようにサポートを行います。「どのように成長させるか」「どんな経験が成長させるか」を考え、メンバーへの評価やフィードバックを行うとともに、次回の采配にも活かします。

    ⑤メンタルヘルスケア

    メンバーの精神状態にも気を配ることが大切です。仕事で失敗をしてしまった時、目標が達成できなかった時など、マイナス面にメンタルが揺らぐことで、ストレスを感じてしまう場合があります。定期的に1on1ミーティングを行い、業務進捗や残業時間をこまめにチェックすることで、異変を察知しやすい環境作りを行います。メンタルの不調は、自分自身でも気づかない間に、症状が重くなってしまうことがあるので、チーム内でお互いに気を配るなどの注意が必要です。

    マネージャーに求められる能力とは?

    上述の通り、マネージャーには様々な仕事があります。これらの仕事を行うために、必要な能力とはどんなものが考えられるでしょうか。

    ここでは、7つのポイントに絞って紹介していきたいと思います。

    ポイント1:指示能力

    達成すべき目標を見据えて、取るべき行動や改善点について的確な指示を出すことが大切です。あいまいな指示だと認識にズレが生じる可能性があるため、「何のためにどういう行動をとるべきか」分かりやすく言語化して伝える必要があります。また、単なる思いつきではない「芯のある指示」であることも重要です。目的と現場の状況をふまえた現実的で説得力のある指示を意識しましょう。

    ポイント2:状況判断力

    今おかれている状況を俯瞰して「どの選択肢をとればいいのか」「どの対応を優先すべきか」など、スピーディーに最善策を判断することが大切です。目標達成までのプロセスにおいて、順調に進むこともあれば、そうでない場合もあります。マネジメントする立場にいる場合は、目標設定の段階で様々な予測を立て、それに即した対処法を用意しておくべきです。そうすることで、イレギュラーな事象にも柔軟性をもって対応することができるでしょう。

    ポイント3:問題解決能力

    どんなにリスクヘッジしていても、回避することができない場合もあります。その時は、経験や勘に頼るだけでなく、起きた事象を整理したうえで、論理的に分析し問題を解決することが大切です。初期段階に適切なアプローチをすることで、ダメージを最小限に抑えることができます。また、対処・解決後に、必ず原因追及をすることが大切です。本質的な問題は何だったのかを知ることで再発防止につながります。

    ポイント4:コミュニケーション能力

    目標に向けてチーム一丸となって進むために、方向性や意識のすり合わせなど、コミュニケーションは欠かせません。コミュニケーションが不足していると、間違った方向に進んでしまったり、誤解による亀裂が生じたりする場合があるため注意が必要です。また、多くの場合、部下から上司に意見することは消極的になりやすいため、進んで上司から部下にフィードバックを求めることも、コミュニケーションとして効果的とされています。

    ポイント5:人材育成能力

    日頃からメンバーの仕事ぶりを観察し、課題にぶつかった時は解決できるように支えたり、成長のきっかけを与えることも重要です。「自分で処理した方が早いから」という理由で、仕事を取り上げてしまうと、いつまでたってもメンバー自身で解決出来るようにはなりません。一緒に問題解決に取り組むだけでなく、「次回からは対処できるようになるか」「課題の前後でどんな成長があるか」を考えて、メンバーの主体的な解決行動を促すことが大切です。

    ポイント6:コンプライアンスの知識

    法令遵守の観点からはもちろん、お互いに信頼をおいて気持ちよく働くためにも、コンプライアンスの知識は必要です。個人情報保護やSNS管理などの情報セキュリティや、ハラスメントに関する知識は持っておきましょう。これらの知識が不足していたためにトラブルが発生した場合は、企業のブランド失墜にもつながります。法令に則った行動がとれているか、世間一般の常識とずれている部分はないか、チーム全体を見渡して管理する必要があります。

    ポイント7:精神力

    マネージャーになると、周囲を見渡して気を配るシーンが多くなります。チームの目標を管理したり、ミスをカバーしなければいけなかったり、多方面からの相談事に乗ったりなど。様々なヒトやモノの板挟みになることで、精神的に追い詰められてしまわないよう、セルフマネジメント能力が必要になります。仕事において、自分でコントロールできる部分とできない部分を区別することも大切です。

    Googleの社内調査から見る理想のチームとマネージャー

    Project Oxygen

    2009年にGoogleで、「すべての Google社員が素晴らしいマネージャーに恵まれたらどうなるか」をテーマに「Project Oxygen」と呼ばれる大規模な調査が行われました。その結果から、評価の高いマネージャーに共通する10の行動様式を発見することに成功しています。

    1. 良いコーチである
    2. チームに任せ、細かく管理しない
    3. チームの仕事面の成果だけでなく健康を含めた充足に配慮し包括的なチーム環境を作る
    4. 生産性が高く、結果を重視する
    5. 効果的なコミュニケーションをする — 人の話をよく聞き、情報を共有する
    6. キャリア開発をサポートし、パフォーマンスについて話し合う
    7. 明確なビジョンと戦略を持ち、チームと共有する
    8. チームにアドバイスできる専門知識がある
    9. 部署の枠を越えてコラボレーションを行う
    10. 決断力がある

    これらの条件は、上から順番に重要度の高い条件とされています。意外にも個人の知識や能力といった項目は上位になく、マネージャーの言動や良い職場環境作りへの働きかけといった点が重要視されていることが分かります。

    Project Aristotle

    Project Oxygenによって、理想のマネージャー条件を導き出したGoogleは、その後同じ手法によって「Project Aristotle」という調査プロジェクトを開始します。「効果的なチームを可能とする条件は何か」について突き止めることを目的とし、最終的に5つの要素にたどり着いています。これらに関しても、上から順番に重要度が高いとされています。

    1.心理的安全性
    間違えた時、質問する時、意見する時など、リスクのある行動を取った場合、チームのメンバーが「無能」「無知」などマイナスに捉えないかどうか。

    2.相互信頼
    チームのメンバーに責任を押し付けたり、転嫁したりしないかどうか。信頼し合っているチームは高いクオリティの仕事をこなすことが分かっています。

    3.構造と明確さ
    仕事で要求されていること、そのプロセス、行動がもたらす成果を個人それぞれが認識しているかどうか。

    4.仕事の意味
    仕事そのものや成果について目的意識を感じるか。経済的安定、自己成長など、個人それぞれが仕事に意味づけを行えるかどうか。

    5.インパクト
    自分の仕事に対して意義を見出せるか、貢献性を感じられるかどうか。

    ここでも、チームメンバー個人の能力や仕事の内容よりも、メンバーひとりひとりが「他のメンバーにどのように働きかけるか」が重視されていることが分かります。

    チームの主軸となるマネージャーにとって、「良いチーム環境を作るために、マネージャーとしてどのような行動を起こすか」という課題は重要です。「Project Oxygen」による10の行動指標が、このヒントになるのではないでしょうか。

    目標管理やスキル管理に役立つ手法を紹介

    マネージャーは、チームの目標管理や、メンバーのスキルを見極めて適材適所の役割分担を考える必要があります。ここでは目標やスキル管理に役立つ手法を3つ紹介していきます。

    MBO

    マネージャーが目標を決めるのではなく、メンバー自身で目標設定を行う手法です。メンバーそれぞれが目標を考えることで、行動に主体性が生まれ、モチベーション維持にも効果的です。マネージャーは、目標の内容や難易度などの適正具合をチェックしたり、定めた目標の進捗状況を管理することが求められます。

    ▽MBOについて詳しく知りたい方は、こちらをご確認ください。
    MBOとは?目標管理におけるメリットやOKRとの違いを解説

    KPI

    定量的な目標を設定して、プロセスの達成度合いをチェックする手法です。目標達成のための行動と数値が明確に示されているため、「行動」「振り返り」「分析」がしやすく、また評価も行いやすくなります。マネージャーは達成率の進捗管理を行い、その都度行動のフィードバックを行うことで目標達成のためのサポートを行います。

    ▽KPIについて詳しく知りたい方は、こちらをご確認ください。
    KPIとKGIの違いとは?設定方法と設定するメリットについて

    スキルマップ

    スキルマップ

    仕事をすすめるために必要な「知識」「経験」「スキル」などを、可視化させたものです。縦軸に知識や経験などの項目、横軸に名前を記載して表形式に一覧化します。そうすることで「誰が何を得意としているのかが分かり」、スキルに合わせた役割分担をしやすくなります。3~5段階で評価を記載すると、より詳細なレベルで把握が可能になります。

    ▽スキルマップについて詳しく知りたい方は、こちらをご確認ください。
    スキル管理とは?必要性や方法、スキルマップの作り方について解説

    コミュニケーションで大切な3つのポイント

    私たちは普段から何気なく、家族や友人とコミュニケーションをとります。チームで仕事をすすめる上でも間違いなく欠かせないものですが、相手が部下や上司になった途端「コミュニケーションのとり方がわからない」といった声は、よく耳にします。

    ここでは振り返りの意味もこめて、コミュニケーションの基本について記載したいと思います。チームメンバーと円滑にコミュニケーションをとって、気持ちよく働ける環境作りを目指しましょう。

    相手の話をちゃんと聞く

    ただ聞くだけではなく「興味をもって最後までちゃんと聞く」ことが大切です。途中で言いたいことや質問したいことがあっても、一旦最後まで聞くようにしましょう。話を一通り聞くことで疑問点が解消される場合もありますし、話を遮られた方は不快な思いをします。傾聴する姿勢が大切です。

    具体的に質問する

    仕事で不安なことがある時や、トラブルが発生した時など、動揺して言いたいことがまとまらない場面があります。その場合は「ここはこういう解釈で合ってる?」「この部分もう1回聞いていい?」など、どこに疑問を持っているか分かるように質問することが大切です。「何を言っているか分からない」だけでは、動揺を煽り、高圧的な印象を与える可能性があるので注意が必要です。

    自分の話もする

    雑談などのシーンでは、相手に質問するばかりではなく、バランスを見て自分の話をすることも必要です。自分について話すことで相手も質問しやすくなりますし、人となりが見えると会話のネタも増えます。自分がどういう人間なのか知ってもらうことは、信頼関係を築く第一歩になります。

    おわりに

    これまで、マネージャーの仕事、求められるスキル、理想像について紹介してきました。

    マネージャーになることで、責任に対する不安やストレスを感じることも多いかと思いますが、いつでも完璧にこなせる人などいません。時間をかけて成長していくものですし、今活躍しているマネージャー達も同じ道を歩んできています。困ったときは相談してみるのも良いでしょう。

    また、最近では「タレントマネジメントシステム」といった、スキル管理や目標管理を手助けするシステムも注目されています。HRBrainは、人事評価や人材データの活用など、戦略的な人事をシンプルにするクラウド型システムです。

    「チーム内のスキル管理が大変」「部下の目標管理をもっとカンタンにしたい」などの悩みがある場合は、ぜひご確認ください!

    ▽資料のダウンロードはこちらから可能です。
    「3分でわかる!HRBrain」 ダウンロード

    ▽HRBrainの詳細はこちら▽
    • クラウド人材管理システム HRBrain
    • EX Intelligence 従業員エクスペリエンスをデザインし、ひとりひとりが躍動する組織へ。人材データで改革を。
    • 人材管理

    • Twitterでシェア
    • Facebookでシェア
    • はてなブックマークでシェア

    HR大学 編集部

    HR大学は、タレントマネジメントシステム・従業員エクスペリエンスクラウドを提供するHRBrainが運営する、人事評価や目標管理などの情報をお伝えするメディアです。難しく感じられがちな人事を「やさしく学べる」メディアを目指します。

    • 「1on1ミーティング」入門書
    • サイボウズ-武部様

    おすすめ記事